北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

IKEAとLEGOのコラボ商品「BYGGLEK」が登場!収納ボックスとブロックセットをご紹介

掲載日:2021/02/02 写真:SPOON HOME

日本では2021年2月1日発売。イケアとレゴのコラボ商品「BYGGLEK」コレクション

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

2020年夏に商品化が告知され、ずっと発売を持っていた「LEGO × IKEA」のBYGGLEK・ビッグレクコレクション。

2020年10月に欧米で先行発売されおり、日本のIKEAでは2021年2月1日に販売がスタートしました。

ビッグレクコレクションの「レゴボックス ふた付き」はIKEAの店舗と公式オンラインショップで販売しています。

↓ 楽天市場でも取り扱いがありましたが、価格が高めです。

スポンサード リンク

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

こちらの記事では、ビッグレクコレクションの4商品についてご紹介しています。

実際に使ってみるとレゴの遊び場・ディスプレイグッズとして、すごく良い商品だと感じました。

仕切りケースや引き出しなどを使用し、レゴ収納を工夫されている方にとってはやや使いにくく感じる可能性があります。

気になる点も書いていますが、このシンプルなデザインと拡張性の高さは魅力的。購入して良かったコラボ商品です。

▼ 良かった点・おすすめポイント

  • レゴ遊びのベースとして活躍
  • 手持ちのレゴを使用して拡張できる
  • 価格が手頃
  • 部屋に馴染みやすいシンプルデザイン
  • 中身を隠して収納したい場合に便利
  • スタッキング収納ができる
  • 組み合わせて使いやすいサイズ展開
  • 組み立てが簡単。使用しない時は解体できる

▼ 気になる点

  • ちょっと重い
  • 中身が見えないので、収納内容が一目で分かりづらい
  • 蓋は載せているだけ(落としたら中身が飛び出る)
  • 長期間使用すると埃が溜まりやすいかも
  • 引きずると床に傷がつきやすい
スポンサード リンク

BYGGLEKコレクションは全部で4商品を販売(2021年月時点)

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像
  • ブロック201ピースセット:1,999円
  • ボックス ふた付き 3点セット:1,499円
  • ボックス ふた付き(幅18cm×奥行き26cm×高さ12cm):1,699円
  • ボックス ふた付き(幅26cm×奥行き35cm×高さ12cm):1,999円

IKEAの公式オンラインショップでは3商品のみが掲載されていますが、IKEA神戸店ではブロックセットを含む4商品を見つけることができました。

ブロックセットはIKEAの店舗によって入荷状況が異なり、2月2日時点では入荷が遅れている店舗があるようです。

ボックス ふた付きの3種類はIKEA公式オンラインショップで店舗ごとの在庫状況が確認できました。

IKEAの店舗に行く前に在庫切れになっていないか確認がおすすめです。

店舗では「1種類につき3個まで購入可能」でした(2021年2月時点)

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

店舗で購入する際は「1種類につき3個まで」購入が可能でした。同じ種類をまとめて購入予定の場合は注意が必要です。

レゴ収納で使用できる「ボックス ふた付き」は3種類

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ビッグレクの「ボックス ふた付き」は公式オンラインショップでも取り扱いがある商品です。外箱のサイズ・形が異なるので、店舗でも間違わずに購入しやすいアイテムでした。

パッケージ箱にはLEGOとIKEAのロゴがデザインされています。側面のデザインも可愛く、パッケージ箱自体も飾りたくなりました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

正式な商品名には「S・M・L」という表記は付いていません。こちらの記事ではボックスのサイズを伝えやすくするため、S・M・Lと書いています。

  • 【S】ボックス ふた付き 3点セット:1,499円
  • 【M】ボックス ふた付き(幅18cm×奥行き26cm×高さ12cm):1,699円
  • 【L】ボックス ふた付き(幅26cm×奥行き35cm×高さ12cm):1,999円

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

「ボックス ふた付き 3点セット」には2つのサイズのボックスが含まれるため、全部で4つのサイズのボックスが展開されています。

一番下がL(幅26cm×奥行き35cm×高さ12cm)、下から2番目がM(幅18cm×奥行き26cm×高さ12cm)です。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

レゴを少し置くだけでも楽しいディスプレイ&収納スペースに。

【S】ボックス ふた付き 3点セット:1,499円

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

サイズが小さいボックスは3個セットです。こちらの商品は初めから組み立てが完了しており、すぐに使い始めることができました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

  • 【大は1個入り】幅17.5cm×奥行き12.7cm×高さ5.9cm
  • 【小は2個入り】幅12.7cm×奥行き8.8cm×高さ5.9cm

ボックスのサイズは2種類です。「大」の上に「小」を2個載せることができました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

一番小さいボックスは片手で持ちやすい大きさです。小さいパーツやミニフィグの収納に便利なサイズでした。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ボックス(小)の重さは約117gです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ボックス(大)の重さは約198gです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

「ボックス ふた付き 3点セット」を2個購入しました。

大と小の内寸サイズは定規で計測したのでおおよその数値です。(高さの内寸サイズは内側のラインまで)

  • 【S・大の外寸】幅17.5cm×奥行き12.7cm×高さ5.9cm
  • 【S・大の内寸】幅14.3cm×奥行き9.6cm×高さ3.9cm
  • 【S・小の外寸】幅12.7cm×奥行き8.8cm×高さ5.9cm
  • 【S・小の内寸】幅9.5cm×奥行き5.6cm×高さ3.9cm

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

【S】ボックス内側の高さはブロック4個分(黒矢印)、蓋を含む高さはブロック5個分(白矢印)でした。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

蓋は載せているだけの状態で、ボックスを落とすと中身が飛び出します。

【M】ボックス ふた付き(幅18cm×奥行き26cm×高さ12cm):1,699円

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

Mサイズのボックスは1セットに1個のみが入っています。上の写真は組み立て後のボックスです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ボックス(M)の重さは約757gです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

  • 【M・大の外寸】幅18cm×奥行き26cm×高さ12cm
  • 【M・大の内寸】幅14.2cm×奥行き22.2cm×高さ8.6cm

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

【M】ボックス内側の高さはブロック9個分(黒矢印)、蓋を含む高さはブロック12個分(白矢印)でした。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

【L】ボックス ふた付き(幅26cm×奥行き35cm×高さ12cm):1,999円

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

一番大きいLサイズのボックスも1セットに1個のみが入っていました。写真は組み立て後の写真です。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ボックス(L)の重さは約1221gです。約1.2kgと重さがあるボックスでした。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

  • 【L・大の外寸】幅26cm×奥行き35cm×高さ12cm
  • 【L・大の内寸】幅22.3cm×奥行き31.7cm×高さ8.6cm

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

【L】ボックス内側の高さはブロック4個分(黒矢印)、蓋を含む高さはブロック5個分(白矢印)でした。

【M】と同じ高さなので並べて使いやすいです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

【M】にはA5コピー用紙は入らず、【L】にはA4コピー用紙が収納できました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

【L】はレゴのカタログや組み立て説明書を収納しやすい大きさです。

基礎板(32ポッチ)の収納には不向き

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

レゴクラシックの基礎板(10700・11010・10714)は一番大きい【L】のボックスにも入りませんでした。

  • 基礎板のサイズ:25.5cm×25.5cm
  • 32ポッチ×32ポッチ

組み立ては簡単。3分ほどで完了しました

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

1セット1個入りのMとLは組み立てて使用するアイテムです。ボックス(M)に含まれるパーツを並べてみました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

こちらはボックス(L)のセット内容。写真では蓋と底板が重なっていますが、Mと同じセット内容・組み立て方でした。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

組み立て方がイラストで説明されています。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

長いパーツを2本立てて準備しました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

短いパーツと長いパーツをスライドさせて組み合わせました。工具などは必要なく、力をかけずに組み立て可能です。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

外枠があっという間に完成。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

外枠をひっくり返し、底板をしっかりとはめます。組み立てで一番大事なのがこのポイント。

底板がカチっとしっかりはまるまで、上から力を加えます。底板がしっかりとはまっていないと、使用中に底板が抜けてしまうことも。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

底板の設置が完了したらボックスをひっくり返し、蓋を載せて完了です。

サイズが統一されており、積み重ねて使用できる

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ビッグレクコレクションの魅力はスタッキング収納が可能なことです。上の写真ではLの上にMを2個置いています。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

しっかりと固定されているわけではありませんが、蓋の上部にポッチ(凹凸)が付いているので、ずれにくいです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

LとMの上にSのボックスを載せました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

上の写真では「Lを2個・Mを2個・Sを2セット」を使用しています。

LEGOクラシック 10698と並べてみました

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

LとMのボックスを重ねて置きました。LEGO クラシック10698(黄色のアイデアボックス)と並べています。

フタにポッチが付いており、レゴブロックの組み立て・ディスプレイができる

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ビッグレクコレクションの最大の魅力が「フタにポッチが付いている」ことです。フタがレゴ遊びにベースとなり、収納しながらレゴブロックの組み立て・ディスプレイが可能。

一番大きいLのフタはサイズが35cm×25.7cm(44×32ポッチ)で、大きいベースとして重宝しています。

ボックスを並べて使用すれば、さらに大きいベースとして使用できます。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ポッチにはLEGOのロゴがデザインされていました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ミニフィグを並べて飾ってもかわいい。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ズラっと整列。フタがホワイトカラーなのでミニフィグのカラーがきれいに見えます。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

Lを2個とMを2個積み重ね、フタの上にミニフィグと「シティ モダンハウス ロードプレート付」を飾りました。

ボックスの上に飾ると高さが出るので、ディスプレイしていて楽しいです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

スピードチャンピオンズの「フェラーリ F8 トリビュート」と「マクラーレン・セナ」と並べて飾りました。「ドゥカティ パニガーレ V4 R」も飾ってみたいです。

車やバイクだけでなく、スターウォーズやセサミストリートのディスプレイにも。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ボックスの中はポッチが付いていませんでした。

レゴブロックをカラー別に収納してみました

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

Sボックスを2セット、Mボックスを2個使用しています。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

Sボックスの小サイズは収納量が少なく、カラー別でもやや使いにくい印象です。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

Sボックスの大サイズはカラー別収納でも使いやすく、こちらのサイズがたくさん欲しくなりました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ビッグレクコレクションのボックスは中身が透けて見えず、収納内容が分かりにくいのが特徴。

前面にブロックを設置できるポッチが付いており、インデックス(目印)として使用可能です。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

レゴブロックをカラー別に分けた場合は、前面のポッチに収納しているカラーのブロックを設置しました。

【L】ボックスは中を仕切って使用するのもおすすめ

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

IKEAで購入した「RAGGISAR・ラッギサル バスケット3点セット」を使用しました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

1セットに3点のバスケット(大1・小2)が入っており、税込799円と手頃な価格で販売しているアイテムです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

フェルト素材の柔らかいバスケットなので、収納ボックスの高さに合わせて調節可能です。

Lのボックスにバスケットを2個並べることができました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

手触りがよく、柔らかいバスケットなのでお子さんも使いやすいアイテムです。軽量なのでボックスからの出し入れ・持ち運びもスムーズでした。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

無印良品で販売している1個250円の「ポリプロピレンメイクボックス・1/2」を使用しました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

Lのボックスに無印良品の「PPメイクボックス・1/2」を2個入れることができました。レゴブロックを分けて収納したい時に重宝します。

ダイソーで販売している1個110円の「自由自在 積み重ねボックス 大」もほとんど同じサイズです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

PPメイクボックスを入れた状態でフタも閉まります。

楽天市場:早めの買い物がおすすめです

レゴ ブロック201ピースセット:1,999円

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

IKEAの公式オンラインショップでは商品ページがないアイテムです。(2021年2月2日時点)

【追記】2021年2月3日にブロックセットもIKEAオンラインショップにも掲載されました。

日本では販売しないのかな…と思っていましたが、IKEA神戸店で購入できました。IKEAの店舗によっては入荷が遅れているとのことです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

レゴブロックが201ピースセット入っており、パッケージ箱には使用例の写真が掲載されています。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

透明な小分け袋に入っており、全部で4つの袋に分かれていました。組み立て説明書はなく、使用例の写真が掲載されている説明書が入っています。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

使用例を見ると、組み立てイメージが湧いてきます。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ビッグレクのボックスと組み合わせて楽しめます。こちらの商品はレゴブロックのみでボックスは入っていません。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ブロックセットに含まれるパーツを全て並べてみました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ミニフィグが2体入っていて嬉しい…!シンプルなにっこり顔です。ホットドッグが入っているのもIKEAとのコラボらしくて素敵。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ボックスのフタは裏側に仕切りが付いており、ブロックセットの小さなパーツの置き場所として重宝しました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ビッグレクのボックスを使用し、ブロックセットで遊びました。白色のボックスなのでレゴブロックが映えます。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ブロックセットは髪型やの帽子パーツが数種類入っているので、色んな組み合わせができて楽しいです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ホットドッグとコーヒーとバナナ。

遊び場・ディスプレイスペースとして使用する場合は、大きいボックス(L)が大活躍

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

今回発売されたビッグレクコレクションで1種類だけ選ぶなら、サイズが一番大きいボックスを選びます。

上の写真では、ボックス(L)を2個並べました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

MとSと組み合わせて変化を付けるのも楽しいです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

完成したレゴをボックスごと持ち運ぶことができます。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ビッグレクコレクションは中身が確認しづらいですが、真っ白なボックスなのでスッキリとした印象に。

スタッキング収納ができるので省スペースで置くことができます。

Lのボックスを2個並べ、レゴスーパーマリオで遊ぶ

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

一番大きいボックスを2個並べ、レゴ・スーパーマリオの遊び場を作りました。レゴは「スターターセット 71360」と「ヨッシーとマリオハウス 71367」を使用しました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

2個並べることで横長のベースができ、高さがあるので遊びやすいです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

使用後はそのまま飾るor組み立てたレゴをボックスに入れて収納することができます。

フローリング上で使用する場合は「床キズ防止シール」の使用がおすすめ

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ソファー下のスペースにMとLのボックスを並べて収納しました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ビッグレクコレクションのボックスは滑らせて使用すると、床に傷が付くことも。

ダイソーで販売している「すべる床キズシール」を使用しました。ダイソーの「ラクラク ピタッ!とキャスター」の使用も検討しましたが、より傷が付きにくい「床キズシール」を選びました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

「床キズシール」を貼ったボックスはスタッキング収納には不向きです。ボックス単体で使用する場合のみシールを貼ります。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

直径2.5cmの床キズシールを6箇所に貼りました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

左のボックスが床キズシールを貼っている状態。右のボックスは何も貼っていない状態です。

床キズシールを貼ると少しだけ浮いたような状態になりますが、ソファー下からスーッとスムーズに引き出せるようになりました。

床キズシールは剥がしやすい点も気に入っています。

3段カラーボックスに収納しました

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

アイリスオーヤマで購入した3段カラーボックスにビッグレクのボックスを入れました。

こちらもおすすめ

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

真ん中の棚にボックス(L)を2個入れています。上の棚にはボックス(M)を2個並べ、フタにミニフィグと車をディスプレイ。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

1つの棚にボックス(M)は4個まで収納可能でした。Lのボックスは特に重さがあるので、カラーボックスから取り出す時は注意が必要です。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

カラーボックスの上にもレゴとボックス(S)を飾っています。

プラレールとトミカを一緒に収納する

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

レゴと一緒にプラレールやトミカで遊びたい場合は、ボックスが重宝します。上の写真ではボックス(M)を2個使用しました。

直線レールは片側が少し上がっており、まっすぐ入りませんでした。曲線レールは収納しやすい大きさです。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ボックス(L)には直線レール、曲線レール、ブロック橋脚をまとめて収納しました。

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

ボックス(M)にトミカの車両を14台並べて収納しています。スーパーカーのように車幅が広い車両を収納する場合は収納可能台数が少なくなりました。

IKEA×LEGOのビッグレクコレクションは楽しいグッズでした!

イケアとレゴのコラボグッズ・ビッグレクのブログ画像

拡張性があり、手持ちのレゴと組み合わせて使用できる楽しいコラボ商品でした。

発売前から話題となっていたアイテムなので、店舗によっては品切れ・入荷待ちの状態になることも。

IKEAのお店で購入する場合は公式サイトで店舗ごとの在庫チェックがおすすめです。

スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP