北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

フローリングの乾拭きと水拭きにおすすめ。スコッチブライトのマイクロファイバーモップが便利

写真:SPOON HOME

フローリング掃除は「乾拭き→水拭き」がおすすめ。雑巾掛けができるマイクロファイバーモップ

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

人の行き来が多いフローリングは埃が溜まりやすく、皮脂汚れが付きやすい場所です。特に裸足で歩いている場合は皮脂が付きやすく、掃除機や乾拭きでは汚れを落とすことができません。

クイックルワイパーも使用していましたが、シートの買い替え費用が少し気になるところ。雑巾掛けは膝や腰が痛くなるので、ついついさぼってしまうことも多いです。

「何か良いフローリング用の掃除グッズはないかな?」と思い、アマゾンのランキングをチェックしていました。フロアモップ・フロアワイパー部門で1位だったのが、スコッチブライトが販売している「3Mマイクロファイバーモップ」です。

スコッチブライトといえばキッチンスポンジが有名ですが、フロアモップやバスブラシも販売しています。口コミの評価も高く、水拭きでも使用できるとのことだったので購入してみました。

乾拭きと水拭き。どちらの掃除方法でも使用できるのが便利

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

3Mマイクロファイバーモップは使い捨てシートではなく、マイクロファイバーのクロスを繰り返し使用します。3Mマイクロファイバーモップは乾拭きと水拭き、どちらでも使用できるので掃除グッズが少なくて済むのも嬉しいポイントです。

クロスは洗って繰り返し使用できるので経済的にも優しく、モップのレンタルも不要。厚手のクロスには「極細ファイバー」と「中細ファイバー」が付いており、幅広い汚れに対応しています。3Mマイクロファイバーモップは楽天市場の通販ショップでも販売しており、使用レビューが参考になりました。

スコッチブライト マイクロファイバーモップの特徴

  • 乾拭きと水拭き、両方で使用できる
  • クロスは洗って繰り返し使用できるので経済的。取り替え用も販売している
  • 丈夫なスチール製でしなりが少なく、力を掛けやすい
  • 持ち手部分は伸縮式で収納もしやすい
  • ヘッド部分が360度自由に動くので、細かい部分も掃除がしやすい
スポンサード リンク
日本全国のおみやげデータベースOMIYA!

3Mマイクロファイバーモップのセット内容

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

3Mマイクロファイバーモップは「モップ本体・クロス・ゴミ取り用クシ」の3点がセットになっています。色は緑ではなく、白やベージュ、グレーなど落ち着いた色合いが良かったなと思いますが、THE掃除道具という感じです。クロスは必ず専用のものを使用します。

取り替えクロスも一緒に購入! 乾拭きと水拭きで使い分けると便利

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

セットにはクロスが含まれていますが、今回は取り替え用のクロスも一枚購入しました。乾拭きをした後に水拭きをしたかったので、クロスを変えて使用します。

アマゾンで購入しようと思ったのですが、LOHACOで「モップ+取り替えクロスセット」が安い価格で販売していたので、そちらで購入しました。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

マイクロファイバーのクロスをよく見てみると、異なる太さの繊維があるのが分かります。薄い緑色の部分は極細ファイバーで、埃やゴミ、髪の毛をキャッチしてくれます。緑色が濃くなっている部分には中細ファイバーが使用されており、こびりつき汚れを取る際に役立ちます。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

クロスの裏側はこんな感じで、ポケットのようなものが付いています。取り替えクロスの価格はアマゾンで500円弱ほど。繰り返し使用できるので、クイックルワイパーのシートを買い足す頻度を考えれば決して高くありません。

モップ本体にクロスを取り付ける。取り付け方法は簡単

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

クロスをモップ本体に取り付けていきます。取り付け方法は簡単です。クロスとモップを上の写真のような向きで揃えます。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

【1】半円のようなポケットになっている所にモップを入れます。【2】モップヘッドの可動部分を前に開き、クロスの横長ポケットに。【3・4】クロスにモップを入れたら、可動部分を後ろに倒し、ロックが掛かるまで押し込めばOKです。

スポンサード リンク

フローリング掃除は、まずは「乾拭き」から始める

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

フローリングを掃除する場合は、はじめに「乾拭き」をするのがおすすめです。乾拭きでは埃やゴミ、髪の毛を取ることができます。

埃が積もった床をいきなり水拭きをしてしまうと、実は埃をのばしているだけの状態になってしまい、埃がフローリングに残ってしまいます。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

乾拭きをする前に壁や巾木に埃が残っている場合は、ブラシやペンキ用刷毛などで埃を落としておきましょう。

家の中の埃をキレイに掃除する場合は、朝起きてすぐの掃除が一番です。掃除機や人が動くことで舞い上がった埃が、夜寝ている間に落ちてきます。朝一番にモップで乾拭きすると、より多くの埃を取ることができます。マイクロファイバーモップで掃除をすると音も静かなので、朝でも使用しやすいです。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

それでは3Mマイクロファイバーモップで乾拭き掃除をします。モップやクイックルワイパーで掃除をする時は、フローリングの床目と並行に滑らせるのがおすすめです。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

埃が溜まりやすい隅の部分も3Mマイクロファイバーモップでキレイにしていきます。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

乾拭き後のモップを見てみると…。えらいことになってました。埃を取りこぼすことなくモップを掛けることができ、クロスを見るまではどれくらいゴミが取れているのか分かりませんでした。

軽くモップを滑らせるだけで埃や髪の毛をきちんとキャッチしてくれています。掃除機を掛けにくいソファー下やダイニングテーブル下も簡単に掃除をすることができました。

埃やゴミが溜まったら、ゴミかき取り用クシを使用する

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

クロスに埃やゴミが溜まったら、セット内容に入っている「ゴミかき取り用クシ」で取り除きます。今回はキッチンペーパーを敷いて取り除きましたが、ビニール袋の中や新聞紙の上で取るのもおすすめです。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

平らにしたクロスにクシを通すだけで簡単に埃を取ることができました。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

たくさん付いていた埃が取れました。汚れがひどく無い場合は、そのまま乾拭き掃除で使用することができます。

スポンサード リンク

「水拭き」でフローリングに付いた皮脂汚れや食べ物汚れを落とす

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

乾拭きで埃や髪の毛、細かいゴミを取り除けたら、次は水拭きをしていきます。今回はクロスを新しい物に取り替えました。クロスを水で濡らし、しっかりと絞ります。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

乾拭きの時と同じようにクロスをモップ本体に取り付けます。水拭きは乾拭きの時よりもフローリングの上を滑りにくくなるので、力を掛けやすい長さに持ち手を調節しました。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

クロスを本体に取り付ける場合は、前部分のロックをしっかりと閉めましょう。ロックが掛かっていないとクロスが開いた状態になり、水拭きがしにくくなります。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

立ったまま水拭きができるのでラクです。スチール製の持ち手も丈夫なので力が掛けやすく、床をしっかりと拭くことができます。マイクロファイバーモップは拭く面が広いので、短い時間で水拭きができるのも嬉しいポイントです。

油汚れが付きやすいキッチンのフローリング掃除にもおすすめ

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

マイクロファイバー製のクロスを使用しているので、油汚れや食べ物汚れの掃除にもおすすめです。水を吸い取る能力も高いので、飲み物をこぼしてもしっかりと拭き取ることができます。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

キッチンのフローリングに付いた汚れは乾拭きでは落としにくいものが多いです。埃に水や油が付着すると取れにくくなり、床にへばりついてしまうことも。マイクロファイバーモップでしっかりと水拭きをして、キッチン床の汚れを落とすことができました。

折り返しクロスヘッドなので、隙間も掃除しやすい

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

マイクロファイバーモップは、ヘッド部分が360度動きます。食器棚横など狭いスペースも掃除がしやすく、埃をしっかりと絡めとることができました。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

クイックルワイパーよりも少し厚みがあるので、とても狭い場所はモップ自体が入らない場合もあります。

スポンサード リンク

掃除ロボットが掃除しにくい場所もキレイにできる

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

収納棚の下や部屋の角など、お掃除ロボットが届きにくい場所もキレイに掃除することができました。乾拭きは掃除ロボット、水拭きはマイクロファイバーモップと使い分けるのもおすすめです。

中細ファイバーがフローリングのこびり付き汚れを落としくれる

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

リビング、ダイニング、キッチンのフローリングを水拭きしました。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

クロスをよく見てみると、マイクロファイバーの先部分がグレー色に。しっかりと汚れが取れています。水拭きの前にしっかりと乾拭きをしたことで、フローリングの汚れ落としができました。(乾拭き:埃やゴミ取り / 水拭き:汚れ落とし)

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

左が乾拭きで使用したクロス(埃を取り除いた状態)。右が水拭きで使用したクロスです。

廊下のフローリング掃除にも

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

マイクロファイバーモップは廊下の床掃除にも重宝します。廊下は人が通ることが多い場所なので、隅に埃が溜まりやすいです。

伸縮ハンドルなのでベッドの下も掃除がしやすい

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

クイックルワイパーと同じように、ベッド下の掃除にも使用することができます。マイクロファイバーモップは拭く面が広いので掃除がラクです。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

モップをすーっと滑らせるだけで大量の埃が取れました…。

スポンサード リンク

ハンドルの長さを「約74~123cm」で調節できる。伸縮も簡単

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

マイクロファイバーモップはハンドルの長さを調節することができます。力を掛けやすい長さに調節できるので、水拭きがしやすいです。また、短くできるので収納スペースを取らないのも特徴。

掃除する面が広いので、短時間で掃除ができる

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

自宅で使用しているクイックルワイパー(2016年購入)とマイクロファイバーモップを並べてみました。マイクロファイバーモップの拭く面の広さがよく分かります。

ハンドルは丈夫なスチール製。力を入れてもしならず、水拭きがしやすい

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

持ち手はスチール製で丈夫なのが特徴です。クイックルワイパーよりも一回り太く、しっかりと握ることができます。丈夫なのでハンドル自体がしなりにくく、水拭きがしやすいです。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

持ち手についていたシールも簡単に剥がすことができました。

クロスを付けたまま置いておくことができる。いつでも簡単に乾拭きができて便利

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

マイクロファイバーモップはクロスを頻繁に取り替える必要がありません。ウェットシートタイプではないのでそのまま付けておくことができ、埃や髪の毛などを発見した時にすぐに掃除することができます。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

掃除機と違ってすぐに掃除ができるので、常備しておくと便利です。

スポンサード リンク

クロスが汚れたら洗濯すればOK。手洗いor洗濯機で洗い、繰り返し使用できる

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

クロスが汚れてきたら、中性洗剤で洗って乾かしましょう。今回はおしゃれ着などを洗濯できる中性洗剤「ウタマロリキッド」を使用しました。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

洗剤を付けて手洗いすると、すぐに水の色が変わりました。クロスにたくさんの汚れが付いていたようです。今回は手洗いをしていますが、マイクロファイバーモップのクロスは洗濯機でも洗うことができます。洗濯機を使用する場合は、他の洗濯物と分けて洗いましょう。

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

クロスを洗った後はしっかりと乾かせばOKです。

やや持ち帰りがしにくいアイテムなので、購入は通販が便利

スコッチブライト3Mマイクロファイバーモップのブログ画像

スコッチブライトの3Mマイクロファイバーモップは、ホームセンターなどで販売していることが多いです。軽量なので持ち帰ることができますが、少し長さがあったので通販で購入することにしました。

楽天市場やアマゾン、LOHACOなどで販売しています。今回は、モップ+取り替えクロスのセットが安かったLOHACOで購入しました。1,900円以上のアイテムなので送料も無料です。(アマゾンよりLOHACOのほうが安いことも)

こちらのモップを購入してからクイックルワイパーを使用する機会がだいぶ少なくなりました。こまめに埃や髪の毛を掃除したい場合や雑巾掛けがしんどいと感じている場合にもおすすめの掃除グッズです。

スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP