北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

新色も可愛い。IKEA「RISATORPバスケット」の収納アイデアや使い方をご紹介

掲載日:2019/03/19 写真:SPOON HOME

1個999円。イケアの人気商品「リーサトルプ バスケット」の活用法

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

IKEAで販売しているRISATORPバスケットは、売り場でも目立つ場所に置かれていることが多いアイテムです。

2018年までは「ホワイト」と「ブルー」の2色展開でしたが、2019年に淡いカラーを中心に新色が登場しました。

スチールメッシュと天然木を使用したハンドルの組み合わせがおしゃれなアイテムです。いざ購入してみると、何に使用すれば良いかわからないことも。

スポンサード リンク
今日のお得情報

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

こちらの記事では、IKEAリーサトルプバスケットの活用法や収納アイデアを写真付きでご紹介しています。

2019年に新登場したカラーも掲載しているので、色選びやサイズ感の参考になれば嬉しいです。

  • すぐに収納アイデアをチェックする場合は、こちらから見ることができます
  • 掲載している商品ラインナップや税込価格、サイズは2019年3月時点の内容です
  • 商品によっては販売終了・在庫切れになっている場合があります
スポンサード リンク
伊勢丹ドアのお試しセットの記事画像

カラーは全部で6色。2019年に4色が追加発売されました

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

RISATORPバスケットは全部で6色を販売しています。(2019年3月時点)

同じ売り場に全カラーが並んでいたので、購入する時にどの色にするか悩みそうです。形や価格、サイズは統一されており、カラーのみが異なります。

RISATORPバスケットのカラー

  • ホワイト
  • ブルー
  • ライトグリーン
  • グレー
  • レッド
  • ライトピンク

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

こちらは2018年に購入したホワイトとブルーの2色です。全カラー使用してみて、やはり定番のホワイト(白)が一番合わせやすいと感じました。

RISATORPバスケットは持ち帰りがしやすい大きさ

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

IKEAのお店に電車やバスで行った場合、荷物の量や重さが気になります。RISATORPバスケットはショッピングバッグに入れやすい大きさで、電車で自宅まで持ち帰ることができました。3個以上になると重くなるので、小物配送の利用がおすすめです。

上の写真は購入時の包装状態です。天然木のハンドルにはビニールカバーがついていました。

店舗ではバスケットが重ねて置かれているので、手にした商品にゆがみがないかチェックするのがおすすめです。

RISATORPバスケットの商品情報

  • 商品番号:702.816.19(ホワイトの場合)
  • 価格:999円(税込)
  • サイズ:幅26cm×高さ18cm×奥行25cm
  • バスケット素材:スチール・粉体塗装
  • 取っ手素材:バーチ材突き板・透明アクリルラッカー

重さは、1個あたり約515g

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

IKEA公式サイトの商品ページでは「重量0.58kg」と書かれています。自宅で量ってみると515gで、商品情報よりもやや軽めでした。

バスケット本体にスチールを使用しているので軽量というわけではありませんが、持ち運びしやすい重さです。

持ち手にバーチ材を使用しており、持ち運びがしやすい

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

RISATORPバスケットの持ち手にはバーチ材が使用されており、明るい色合いが魅力です。ハンドルは自立することができますが、6個中1個だけはうまく立ちませんでした。

持ち運びをせず、バスケットを置いておく時はハンドルを倒すことができます。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

ハンドルは持ちやすい太さで、家の中での移動に便利です。片側に重さが偏ってしまうとバスケットが傾いてしまうので、荷物の入れ方には注意が必要でした。

スチールメッシュなので通気性がよい。野菜や果物の保管に便利

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

IKEAのカタログや店舗ディスプレイでよく見かけるのが、果物や野菜の保存バスケットとしての使い方です。

スチールメッシュのバスケットなので通気性がよく、常温保存できる食品の置き場所として重宝します。底面もメッシュなので、新聞紙を敷いて下が汚れないようにしました。

使用しない時は重ねておくことができる

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

RISATORPバスケットを使用しない時は、上の写真のように重ねることができます。店舗ではカラー別にバスケットがわかれており、写真のように重ねて置かれていました。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

ハンドルを倒せるのでコンパクトにまとめることができます。グッと下に押し込みすぎるとバスケットが抜けにくくなることがあるので、力の掛け過ぎには注意が必要です。

スポンサード リンク

【活用法】キッチンで使用する。食パンやコーヒーの置き場所に

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

物の出し入れがしやすく、移動がしやすいRISATORPバスケットはキッチンで使いやすいアイテムです。食パンやシリアル置き場として使用しました。

シリアルはダイソーで購入したアルミ保存袋に詰め替えて保存しています。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

食パンはセリアで購入した「フリーザーバッグ 食パン用」に入れました。1セットに5枚入っており、ジッパー付きなので使いやすいです。(JANコード:4978446018575)

お茶セットをまとめる

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

コーヒーや紅茶のティーバッグなど、よく飲むお茶セットをまとめて収納しました。RISATORPバスケットは広口なので出し入れがしやすいです。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

紅茶のティーバッグは無印良品で購入した「ポリプロピレンコットン・綿棒ケース」を使用しています。1個150円で販売しており、バスケットに馴染みやすいシンプルなデザインです。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

ドリップコーヒーやスティックコーヒーはオリゴのカップに入れ、立てて収納しました。棚にバスケットを収納し、使用する時だけ取り出すこともできます。

お菓子入れとして使用する

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

RISATORPバスケットは高さがあるので、お菓子を立てて収納しやすいです。奥から高い順にお菓子を入れると、食べたいお菓子をすぐに取り出すことができます。

マグカップをまとめておく

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

RISATORPバスケットの底にキッチンクロスを敷き、マグカップを伏せて収納しました。高さにゆとりがありますが、取り出しやすいようによく使用するマグカップ4個だけを並べています。

KALASプラスチック食器を収納する

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

IKEAの人気商品「KALAS プラスチック食器」を収納しました。上の写真では新色のマルチカラーを入れています。

プレート、ボウル、コップを収納しており、割れない食器なのでバスケットにまとめておきやすいです。

こちらもおすすめ

カトラリーやペーパーナプキン入れに

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

RISATORPバスケットにペーパーナプキンやカトラリーをまとめて入れました。ピクニックなど外で使用する場合は、KALASなどのプラスチックコップを使用するとカトラリーを立てやすいです。

ペーパーナプキンだけでなく、キッチンクロス収納でも役立ちます。

アルコールスプレーやウェットティッシュをまとめておく

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

よく使用するアルコールスプレーやウェットティッシュをまとめて収納しました。持ち運びがしやすく、置き場所を作ることができます。こちらの淡いグリーンも気に入っている色です。

アルコールスプレーはパストリーゼ77を使用しており、消費スピードが早いです。

こちらもおすすめ

薬や救急セット、湿布をまとめておく

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

湿布やマスク、少量のお薬などをまとめておきたい時に便利です。湿布は紙箱から出し、バスケットに立てて収納しました。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

使い捨てマスクはセリアで購入した「EVAマチ付ポーチ」に入れています。体温計は無印良品の「ポリプロピレンブラシ・ペンシルスタンド」に立てて収納しました。

スポンサード リンク

本の置き場所として使用する

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

A4サイズの雑誌は入れることはできますが、書籍を収納しやすい大きさです。よく読む本の置き場所として使用できました。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

こちらも無印良品の「ポリプロピレンブラシ・ペンシルスタンド」を使用し、カラーペンやハサミ、ホッチキスを立てて収納しています。よく使用する文房具をまとめておくと便利です。

アイロンを収納する

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

専用ケースが付いていないアイロンの収納バスケットとしても使いやすい大きさです。自宅では「DBK スチーム&ドライアイロン The Classic」を使用しています。

アイロンの電源コードはダイソーで購入したコードクリップでまとめました。

スリッパ入れとして使用する

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

玄関やリビングに置きやすい大きさなので、スリッパ入れにもおすすめです。上の写真では2足分のスリッパを収納していますが、スリッパを重ねると4足まで収納可能でした。

ハンドルが付いているので持ち運びがしやすく、掃除の時も持ち上げやすいです。

トイレットペーパー置き場として使用する

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

3倍巻きのトイレットペーパーを4個入れることができました。ストックをすべて収納するというよりも、直近で使用するトイレットペーパーの置き場所として使いやすいです。

毛糸やカットクロスを収納する

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

高さがあるバスケットなので毛糸やハギレの収納にも便利です。上の写真では収納する種類によってバスケットのカラーを変えました。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

たくさんの毛糸を入れることができ、広口なので出し入れがしやすいです。見せる収納としても活躍します。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

カットクロスは同じ大きさに畳み、立てて収納しました。柄が見えるので、どこにどの布を収納しているか一目でわかります。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

ハンドル付きなのでテーブルや棚など、使いたい場所への持ち運びがラクです。

ファッション小物を収納する

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

トップスやボトムスは入れにくい大きさですが、ファッション小物入れとして重宝します。左のバスケットにはキャップ4個、右のバスケットには折りたたみ式トートバッグ2個と折りたたみ傘、ベルトを入れました。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

高さがあるバスケットなので小物類を立てて収納しやすいです。クローゼットの空きスペースやチェスト上の整理に。

折りたたみ式のトートバッグは、LLビーンで購入した「グローサリー・トート」です。大容量バッグなので、買い物時はよく持ち歩いています。

バッグの中身の置き場所として使用する

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

使用するバッグを変えることが多い場合は、カバンの中身置き場を作っておくと便利です。エコバッグや折りたたみ傘、財布、ポーチなど必ず持ち歩くアイテムをまとめています。

掃除グッズをまとめておく

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

スチール製でハンドル付きのRISATORPバスケットは、掃除道具の持ち運びにも役立ちます。掃除用クロスはバスケット本体に掛けました。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

大きさにもよりますが、掃除用洗剤スプレーボトルは最大で6本収納可能です。

IKEAのRISATORP・リーサトルプバスケットの収納ブログ画像

ミニサイズの掃除用ブラシは無印良品の「ポリプロピレンブラシ・ペンシルスタンド」に立てて収納しています。ペンシルスタンドはRISATORPバスケットと相性が良いアイテムです。

スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP