北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

コンパクトに収納できる、おしゃれな雨よけバッグ「WPCレインバッグカバー」

写真:SPOON HOME

おしゃれなデザインの雨よけバッグを販売しているレイングッズブランド「W.P.C」

WPCレインバッグカバーのブログ画像

2004年に誕生したレイングッズブランド「W.P.C」では、雨傘やレインコートだけでなくレインバッグカバーも販売しています。コンパクトに畳んで持ち運ぶことができるレインバッグカバーは、急な雨が降った時にも重宝するアイテムです。

バッグを傘の中に入れているつもりでも、気づけばバッグが雨に濡れていることも…。ナイロン素材のバッグは手入れがしやすいですが、布製やレザーバッグは雨に濡れるのを極力避けたいところです。

WPCレインバッグカバーのブログ画像

WPCレインバッグカバーのパッケージ裏面です。使用する上での注意ポイントや使用後の手入れ方法などが記載されています。パッケージにも書かれているように、こちらのバッグカバーは雨避け用としてだけでなく、エコバッグやサブバッグとしても使用できるのも特徴です。

スポンサード リンク
日本全国のおみやげデータベースOMIYA!

スマホサイズの雨避けバッグは、鞄に入れて持ち運びがしやすい

WPCレインバッグカバーのブログ画像

パッケージからレインバッグカバーを取り出し、iPhone6と並べてみました。縦の長さはiPhone6の方が大きく、スマートフォンサイズに折りたたんで持ち運ぶことができます。コンパクトで軽量なのでバッグの中に常備しやすいのが嬉しいポイントです。

こちらのレインバッグカバーで一番気に入っている点は、デザインバリエーションが豊富なことです。今回は普段のコーディネートに合わせやすいベージュのストライプ柄を選びました。この他にもギンガムチェック柄や花柄、ドロップデザインなど可愛いデザインのレインカバーを見つけることができます。価格も1,200円弱と購入しやすい値段です。

WPCレインカバーの詳細

  • サイズ:縦33cm 横45cm マチ12cm
  • バックの適応サイズ:周囲約105cm 高さ約30cm
  • 素材:ポリエステル100%

撥水加工が施された生地はやや薄め。エコバッグとしても使用できる2WAYタイプ

WPCレインバッグカバーのブログ画像

レインバッグカバーを広げてみました。撥水加工が施された生地を使用しており、やや薄手になっています。始めてレインバッグカバーを見た時はやや頼りない印象がしましたが、バッグに被せやすく、雨避けグッズとしては問題なく使用できています。

ハンドル付きのレインバッグカバーなので、エコバッグやサブバッグとしても重宝します。旅行先に持って行くのもおすすめです。

マチがしっかりとあるので、トートバッグや通勤バッグも入れやすい

WPCレインバッグカバーのブログ画像

レインバッグカバーはしっかりとマチ部分があるので、トートバッグや通勤バッグも入れやすいデザインになっています。入れるバッグのマチが広い場合でも、薄手の生地なので中のバッグに合わせて整えることができます。

バッグの内側にポケットが付いているので、持ち運び用ポーチを無くす心配がない

WPCレインバッグカバーのブログ画像

折りたたみ傘を使用していると、「レイングッズを収納するポーチがバッグの中で迷子状態になる」ということがたまに起こります。バッグに入れたはずの専用ポーチが見つからず、あたふたすることも…。こちらのレインバッグカバーは内側に収納ポーチが付いているのが嬉しいポイントです。

レインバッグカバーは、鞄の下側から被せていく

WPCレインバッグカバーのブログ画像

レインバッグカバーを取り付ける場合は、バッグの下側から順番に被せていきます。外で取り付ける場合はレインバッグカバーを広げて、中にバッグをポンっと入れればOKです。

WPCレインバッグカバーのブログ画像

上の方までレインバッグカバーを引き上げると、簡単にカバーを掛けることができました。今回はLLビーンのトートバッグ(ミディアム・Mサイズ)にカバーを取り付けています。マチが広いバッグですが、レインバッグカバーの生地が薄手なのでバッグに沿うように入れることができました。

レインバッグカバーの上部は巾着式に。しっかりと絞って雨の侵入を防ぐ

WPCレインバッグカバーのブログ画像

被せただけでは上から水が侵入してこない心配ですが、上部分が巾着式になっており、紐を引っ張って入り口を絞ることができます。購入前に色んなレビューをチェックしましたが、自転車通勤での雨対策に使用している人も多い印象でした。

スポンサード リンク

トートバッグだけでなく、リュックも入れてみた

WPCレインバッグカバーのブログ画像

トートバッグやショルダーバッグは持つ位置を調整しやすいですが、背中にあるリュックは特に雨に濡れやすいバッグです。自宅に帰ってみるとリュックがビショビショに濡れていたということも。

リュックを横向きにする必要がありますが、レインバッグカバーにリュックを入れることができました。レインバッグカバーにハンドルが付いているので、肩にかけて持ち運びが可能です。(上の写真では、フレドリック パッカーズ500D Day Packを使用)

バッグのハンドルは出してもOK

WPCレインバッグカバーのブログ画像

次は、ロンシャンの「ルプリアージュ トートバッグ1623」にレインバッグカバーを掛けてみました。こちらのバッグは持ち手部分が倒しにくく、レインカバーを掛けた場合でも持ち手を出して使用しています。

WPCレインバッグカバーのブログ画像

バッグ本体はすっきりと覆うことができ、持ち手部分は外に出しています。重たい荷物が入っている場合は、収納しているバッグのハンドルを出して使用するのがおすすめです。

使用後の収納も簡単

WPCレインバッグカバーのブログ画像

使用後はコンパクトに畳んで収納することができます。まずは、レインバッグカバーを広げます。この時に重要なのが「収納ポケットが開いている方を手前に向けること」です。ハンドルはバッグの中にしまっておきましょう。

WPCレインバッグカバーのブログ画像

内側に向かって折りたたんでいきます。

WPCレインバッグカバーのブログ画像

レインバッグカバーが真っ直ぐになったら、上に向かって2回折りたたみます。最後は収納ポケットの中にクルンっと入れて完了です!

おしゃれで便利なレインバッグカバーはプチギフトにもおすすめ

WPCレインバッグカバーのブログ画像

レインバッグカバーはハンドル付きなので、バッグの持ち手を中に収納して使用することができます。やや長めのハンドルになっているので肩がけしやすいのも特徴です。軽量で取り付けがしやすいレインバッグカバーは通勤や買い物時だけでなく、子供のレッスンバッグや通学用バッグの雨避けとしても重宝します。

使用後は水分や汚れをサッと拭き取り、風通しの良いところで乾燥させてから収納すると長く使用することができます。

1,200円弱と手頃な価格で購入することができるので、自分用としてはもちろんプチギフトやお礼の品として贈るのもおすすめです。

WPCレインカバーの特徴

  • 撥水加工が施された生地を使用している(完全防水ではない)
  • 巾着のように絞ることができる
  • コンパクトに畳んで持ち運ぶことができる
  • 雨よけバッグとしてだけでなく、エコバッグとしても使用OK
  • おしゃれなデザインのレインカバーが多い
スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP