北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

大根おろしや生クリームが簡単に作れる。レコルト「カプセルカッターボンヌ」が便利

掲載日:2020/05/16 写真:SPOON HOME

キャトルの後続モデル。追加された「おろしプレート」と「泡立てプレート」が便利

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

recolte(レコルト)では、コンパクトで使いやすいキッチン家電を数多く販売しています。ホットサンドメーカーや電気フライヤーだけでなく、フードプロセッサーも人気のアイテム。

2019年6月に登場した「カプセルカッターボンヌ」は、2015年3月に発売された「カプセルカッターキャトル」のニューモデルです。おろしプレートと泡立てプレートが追加され、さらに使いやすくなりました。

使用後はそのままキッチンに飾っておけるような可愛いデザインが魅力です。

スポンサード リンク

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

手入れがしやすいブレードが付いており、玉ねぎのみじん切りや牛肉のミンチ作り、山芋のペーストなどを簡単に作ることができます。

ブレードもすごく便利ですが、特に気に入っているのが「おろしプレート」です。手動の大根おろし器では辛かった大根おろしが簡単にできるようになりました。

使用するパーツが少なく、洗いやすい点が特に気に入っています。焼き魚やざるそばなど少量の大根おろしが欲しい時にも重宝するアイテムです。

  • おろす:大根おろし・すりおろしりんご
  • 泡立てる:生クリーム・メレンゲ
  • 刻む:野菜のみじん切り・肉や魚のミンチ
  • 混ぜる:スムージー・ソース・ドレッシング作り
  • 砕く:かき氷・フローズンドリンク
  • 潰す:離乳食・ディップ・すりごま
  • 練る:ペースト・ジェラート

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

こちらの記事では、レコルトの「カプセルカッターボンヌ」の特徴や大根おろしを作った感想を写真付きでレポートしています。

カプセルカッターのサイズ感や使用イメージの参考になれば嬉しいです。

  • 掲載している商品ラインナップや税込価格、サイズは2020年5月時点の内容です
  • 商品によっては販売終了・在庫切れになっている場合があります
スポンサード リンク

価格は6,500円+税。カラーは「アイスブルー」を選びました

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カラーは2020年限定色のアイスブルーを選びました。キッチン家電はモノトーンが多いので、爽やかなアイスブルーがアクセントになります。

カプセルカッターの両サイドに500mlペットボトル(左)と2Lペットボトル(右)を並べてみました。幅は2Lペットボトルと同じくらいですが、高さは500mlペットボトルよりもちょっと大きいくらいです。

▼ recolte「Capsule Cutter Bonne」の商品情報

  • 価格:6,500円+税
  • 外寸サイズ:幅12.4cm×高さ23.4cm×奥行11.7cm
  • 重量:約1.1kg
  • セット内容:本体・カップ・カバー・ブレード・シャフト・おろしプレート・泡立てプレートオリジナルスパチュラ・専用レシピブック
  • カラー:カーマインレッド・クリームホワイト・アイスブルー(数量限定)
  • 容量:500ml
  • 消費電力:260W
  • ブレード使用時:1分(1分作動後 10分休止)
  • 泡立て・おろしプレート使用時:2分(2分作動後 10分休止)
  • 電子レンジ・食洗機使用不可
created by Rinker
récolte (レコルト)
¥7,150 (2020/06/07 00:44:59時点 Amazon調べ-詳細)

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カプセルカッターボンヌを片手で持ってみました。なんとか片手で持つことができましたが、重さが1kgほどあるので両手で持つようにしています。

本体の上部のみを持つと落下する恐れがあるので、必ず本体下部のカップを持つのがおすすめです。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

中にブレードやおろしプレートが入っていない状態で重さを測ってみました。本体単体で約1068gでした。

カプセルカッターボンヌのセット内容

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カプセルカッターボンヌは使い方に合わせて使用するプレートやブレードを変えます。パーツ数自体は少なく、使用しない時は省スペースで収納することができました。

▼ セット内容

  • 本体(上部にプッシュボタンあり)
  • カップ
  • カバー
  • ブレード
  • シャフト
  • おろしプレート
  • 泡立てプレート
  • オリジナルスパチュラ
  • 取り扱い説明書
  • レシピブック

カップは割れにくいトライタン樹脂を使用。カップ単体でも買い足しが可能

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カップは容量が500mlなので、大根おろしをたくさん作りたい時も便利です。割れにくいトライタン樹脂を使用しており、カップ単体でも購入することができます。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

玉ねぎや人参のみじん切りなど、食材を細かくカットする時はブレードを使用します。離乳食づくりにも便利なパーツです。使用後はブレードシャフトを持ち、ブラシなどで洗います。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カップに取り付ける透明な蓋はシリコンパッキンが付いており、しっかりと蓋を閉じることができます。取り外しがしやすいように両サイドに小さな持ち手が付いているのも便利なポイント。

蓋が正しくセットされていないと本体は動作しない仕組みになっています。

電源コードの長さは約1m

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

本体に付いている電源コードの長さは約1mでした。長すぎると調理台の上でかさばってしまうので、使いやすい長さです。

差込口が遠い場合は事前に使用スペースとの距離の確認がおすすめです。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カプセルカッターボンヌの箱の中には取り扱い説明書(保証書)とミニレシピブックが入っていました。

レシピブックは食材別にカプセルカッターの使用方法が掲載されており、使用前に読むと使い方がよくわかります。

楽天市場:早めの買い物がおすすめです

「おろしプレート」と「泡立てプレート」が追加されたモデル

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

ボンヌで追加されたおろしプレート(左)と泡立てプレート(右)です。シャフトにセットして使用しますが、真ん中に突起がある面を上にして設置します。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カプセルカッターボンヌのセットの中で入っていて特によかったと思ったのが、オリジナルスパチュラです。カップに合わせた長さで作られており、大根おろしや玉ねぎのみじん切りをスムーズに取り出すことができます。

使用しない時はフックに掛けたり、カトラリーケースに入れるなど収納のしやすさも嬉しいポイントです。

1回に入れる材料の目安

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

取り扱い説明書には1回に入れる材料の目安が掲載されていました。氷は250g、お肉は200g、野菜とフルーツは200〜250gが目安です。

おろしプレートを使用する大根やその他の野菜は3cm角以下の大きさ(200gまで)が目安で、多く作りたい時は少しずつ追加していきます。

おろしプレートで辛い大根おろし作りがラクになりました

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

手動の大根おろし器は省スペースで収納でき、美味しい大根おろしが作れる便利なアイテムです。ただ、大根おろしを作る頻度が多いと億劫になることも。

カプセルホルダーボンヌは電動で早く大根おろしを作ることができ、洗い物も少ないので作業負担が減りました。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

まずは大根の皮をむき、一口大の大きさにカットします。(3cm角以内)

スーパーで販売している「切れてるカマンベールチーズ」をイメージして切りました。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

シャフトにおろしプレートをセットします。ギザギザが付いている面が上側です。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カップにおろしプレートをつけたシャフトをセットしました。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

シャフトを囲むように大根を並べます。カップの形に沿うように大根の丸い部分を外側にし、円形に並べました。

大根が重なっていたり、向きがバラバラだと上手く回転しない場合があります。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

大根を入れたら蓋をセットします。シリコンパッキンが浮いた状態だと本体は動作しません。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

本体の電源をつなげて準備が完了です。回転させると音がなります。フードプロセッサーなのでやはり音は大きいです。マンションで使用する時は窓を閉め、朝早い時間と遅い時間の使用は避けるようにしています。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

上のボタンを何度かプッシュし、大根おろしができました。本体と蓋を外してみると、中に大根の小さい球がいくつか残っていました。

手動のように手を切る心配がなく、材料もきちんと使い切ることができます。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

大根おろしをカップから取り出す時はスパチュラを使用します。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

1/2本分の大根おろしができました。まだ水気をきる前の状態ですが、ふわふわの仕上がりに満足しています。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

きめ細かく、ふんわりとした大根おろしができました。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カプセルカッターボンヌで作った大根おろしは蕎麦や焼き魚、みぞれ鍋、焼肉の時に重宝しています。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

ちょっと大根おろしを用意したい時にも便利です。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

釜揚げしらすとたっぷりの大根おろしの組み合わせも好きです。焼肉もタレと塩が中心でしたが、大根おろしとポン酢の組み合わせが増え、さっぱり食べることができるようになりました。

手動の大根おろし器でも作れますが、作業のラクさで毎回カプセルカッターを使用しています。

スポンサード リンク

おろしプレートはりんごや生姜のすりおろしにも

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

おろしプレートは大根だけでなく、りんごや生姜、にんじんのすりおろしにも使用できます。

りんごの皮をむき、一口大にカットしました。おろしプレートの上に置きました。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

大根おろしと同じようにリンゴも小さい球のような状態に。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

すりおろしリンゴはそのまま食べたり、ソースやジャムに使用することができます。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

ふんわりとした食感で美味しいです。

泡立てプレートで生クリームを泡立てる。メレンゲ作りにもおすすめ

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

追加されたプレートのもう1種類が「泡立てプレート」です。泡立てプレートはメレンゲや生クリーム、バターづくりに使用できます。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

シャフトに泡立てプレートを取り付けます。プレートの中央に突起がある面が上側です。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

脂肪分35%以上の生クリームをカップに入れ、砂糖を大さじ1加えます。生クリームは直前まで冷蔵庫でしっかりと冷やしておきました。

20〜30秒ほど連続プッシュし、状態をチェックします。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

少しゆるめですが、美味しい生クリームができました。メレンゲを作る場合は卵白2個をカップに入れ、砂糖大さじ1を加えてから40秒ほど連続プッシュします。

本体以外は丸洗いができ、手入れがしやすい

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

カプセルカッターボンヌを使用してみて特に感じたのが、手入れのしやすさです。特におろしプレートと泡だてプレートは洗いやすく、使用後の片付けがラクでした。

上の本体以外は洗うことができ、パーツも少ないです。食洗機の使用はNGでした。

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

取り扱い説明書にも洗うことができるパーツ、できないパーツが記載されていました。台所用中性洗剤を含ませたスポンジで洗うことができます。

インテリアに馴染みやすいデザインも魅力

レコルトのカプセルカッターボンヌ使用方法のブログ画像

レコルトの調理家電は可愛いデザインが多く、見せる収納にも取り入れやすいです。よく使用するパーツはカップの中に入れ、カプセルカッターを立てて収納しています。

created by Rinker
récolte (レコルト)
¥7,150 (2020/06/07 00:44:59時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP