北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

洗面所やキッチンにおすすめ。山崎実業「tower 蓋付きペーパータオルケース」が使いやすい

掲載日:2020/05/08 写真:SPOON HOME

紙が取り出しやすい。towerシリーズの蓋付きペーパータオルケースをご紹介

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

以前よりも手洗いをする頻度が増え、帰宅後の手洗いはペーパータオルを使用するようになりました。ペーパータオルを使用すると手拭きタオルがビシャビシャにならず、洗面所の水もスムーズに拭き取ることができます。

こちらの記事では、yamazaki(山崎実業)が販売しているtowerシリーズ「蓋付きペーパータオルケース」の使用感をレポートしています。

スポンサード リンク

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

蓋付きペーパータオルケースは楽天市場やamazonで購入することができます。送料込みのショップが多いので通販でも購入がしやすいです。

カラーは白と黒の2色を販売しており、今回は白(ホワイト)を選びました。towerシリーズの他のアイテムとカラーが統一されており、組み合わせて使いやすいです。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

シンプルなデザインでインテリアに馴染みやすいです。ペーパータオルだけでなく、ティッシュボックスも入れることができました。

紙をスッと引き出すため、蓋と本体どちらも重さがあるアイテムです。小さなお子さんの手が届く場所や落ちやすい場所での使用は不向きでした。

  • 掲載している商品ラインナップや税込価格、サイズは2020年5月時点の内容です
  • 商品によっては販売終了・在庫切れになっている場合があります
スポンサード リンク

価格は3,300円とやや高め

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

ティッシュケースやペーパータオルケースとしては高めの価格です。プラスチックではなくスチールを使用しており、重厚感があるのが特徴。

箱には取扱説明書1枚と本体、蓋が入っていました。

▼ tower 蓋付きペーパータオルケース

  • 品番:4761(ホワイト)・4762(ブラック)
  • 価格:3,300円(税込)
  • 素材:スチール(ユニクロメッキ+粉体塗装)
  • サイズ:幅26cm×高さ8cm×奥行13cm
  • 原産国:中国
  • 対応サイズ:高さ約7cmまでの一般的なティッシュボックス・ペーパータオルなど

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

箱の裏面を見てみると、ペーパータオルとティッシュボックス入れとして使用されています。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

スッキリとしたシンプルなデザイン。持ってみるとイメージしていたよりも重くて驚きました。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

ペーパータオルとキッチンペーパーは袋や箱から取り出し、ケースにセットします。ティッシュボックスは箱のままケースに入れました。

外寸サイズは「幅26cm×奥行13cm×高さ8cm」

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

30cm定規・500mlペットボトルとケースを並べてみました。幅は26cmです。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

内寸サイズを測ってみたところ、「幅25.8cm」「奥行12.8cm」でした。(自宅計測のため、おおよその数値です)

重さは約1,108g

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

towerの蓋付きペーパータオルケースは重さがあるのが特徴です。本体と蓋のセットで1,108gでした。1kgを超えており、ペーパータオルケースの中でも重いアイテムです。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

蓋だけを量ってみると、484gありました。蓋が重いので紙をしっかりと抑えることができ、ペーパータオルやキッチンペーパーをスムーズに取り出すことができます。

スポンサード リンク

錆びにくい塗装が施されている

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

ペーパータオルケースの表面には粉体塗装が施されており、少しザラっとした手触りです。

キッチンや洗面所など、水回りでも使いやすい

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

錆びにくいのでキッチンや洗面所などの水まわりで使いやすい、水がついた場合もササっと拭き取ることができました。主張が強すぎないデザインで、他のインテリアに馴染みやすい点も気に入っています。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

持ち運びがしやすいので、キッチンの調理台にも置きやすいです。ロールタイプのキッチンペーパーも使いやすいですが、1回ずつ切り取る必要がない折りたたみタイプのキッチンペーパーも重宝します。

ペーパータオルを詰め替えて使用できる

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

洗面所で使用するペーパータオルはLOHACOで購入することが多いです。2枚重ね150組の中判と小判ペーパータオル、どちらも入れることができました。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

小判のペーパータオルは少しスペースにゆとりがありますが、蓋を載せると問題なく使用できました。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

一番上のペーパータオルだけを出した状態でセットすれば完了です。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

中判のペーパータオルも程よくスペースにゆとりがあり、問題なく使用できます。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

LOHACOのオリジナル商品「アスクル オリジナルペーパータオル シングル・小判」を入れました。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

1セットに200枚入っているので、ペーパータオルケースから少しだけはみ出しています。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

そのまま蓋をのせると、紙を取り出す時の安定感が落ちてしまいます。枚数が多い場合は調節して使用するのがおすすめです。

柔らかいペーパータオルは取り出しにくいことも

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

購入したペーパータオルのほとんどは問題なく使用することができました。パリッとしたペーパータオルではなく、ティッシュペーパーのような柔らかいペーパータオルは少し取り出しにくい印象です。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

右が柔らかいペーパータオルです。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

ペーパータオルを袋から取り出してケースに収納するので、柔らかいと取り出す時に破れやすいです。

洗面所で使用する

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

ある程度硬さがあるペーパータオルをセットし、洗面所に置いています。ノータッチで使用できるミューズで手洗いをし、ペーパータオルで水気を拭き取ります。最後はパストリーゼを手にかけて完了です。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

家族で外出後などペーパータオルを多く使用する時は、ダイソーで購入し「自立型ゴミ箱」が重宝しています。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

ペーパータオルの横に置き、使用後のペーパータオルの置き場所に。ペーパータオルが溜まったらテープなどで蓋をし、ゴミ袋に入れて処分しています。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

マチが広く、広口のゴミ箱なので使用済みのペーパータオルを入れやすいです。

蓋が浮きにくく、ペーパータオルを取り出しやすい

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

蓋が軽いとペーパータオルを引き出す時に浮いてしまうことも。towerシリーズのケースは蓋自体が重いので、スムーズにペーパータオルを引き出すことができました。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

濡れた手でペーパータオルを上に引っ張っても、ペーパータオルが破けず、最後まで抜き取ることができました。

スチール製のケースなのでペーパータオルを引き出す時に少し音がします。

1カットタイプのキッチンペーパーにもおすすめ

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

towerシリーズの「蓋付きペーパータオルケース」は、ペーパータオルだけでなく1カットタイプのキッチンペーパーにも使用できます。角型のケースなのでロールタイプのキッチンペーパーは使用できませんでした。

上の写真ではLOHACOで購入した「nepia 激吸収キッチンタオルボックス」を入れています。厚手タイプで75組(150枚)のアイテムです。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

シンプルなデザインなので食器棚やキッチンによく馴染みます。ロールタイプと違って毎回カットする必要がないので使いやすく、キッチンペーパーを1枚ずつサッと引き抜くことができます。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

ケースの底を見てみると、四隅に滑り止めが付いていました。ペーパーを抜き取る時にケースが動きにくく、置いている場所を傷めにくいです。

紙が少なくなると蓋が下がるので、補充のタイミングがわかりやすい

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

ペーパータオルやキッチンペーパーが少なくなってくると、蓋が下がります。補充のタイミングがわかりやすいのも便利なポイントです。

▼ 楽天市場の人気商品ランキング

ボックスタイプのティッシュペーパーも使用可能

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

towerシリーズの蓋付きペーパータオルケースは、ティッシュボックス入れとしても使用できます。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

ティッシュペーパー入れとして使用する場合は必ずボックスの状態で収納します。ティッシュペーパー自体が柔らかいので、ボックスから出した状態で使用すると抜き出す時に破れてしまうことも。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

無印良品の「MDFティシューボックス」と並べてみました。サイズはほとんど同じです。

  • tower:幅26cm×奥行13cm×高さ8cm
  • 無印良品:幅26.5cm×奥行13.5cm×高さ7.2cm

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

高さはtowerの方が0.8cmほど高いので、正面から見た時にティッシュボックスがすっきりと隠れて見えます。

水まわりで使いたい場合はtowerシリーズのケースがおすすめです。

インテリアに馴染みやすいシンプルなデザイン

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

リビングやダイニング、寝室にも置きやすいシンプルなデザインです。写真ではホワイトを使用していますが、ブラックはインテリアの引き締め役としても重宝します。

重さがあるケースなので小さいお子さんやペットと暮らしている場合は置き場所に注意が必要です。

トイレに置いて使用するのもおすすめ

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

トイレ用のペーパータオルケースとしても使用できました。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

トイレ内の取り出しやすい場所に置いて使用します。置き場所の広さに合わせて向きを変えました。

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

蓋がしっかりと重しになっており、問題なくペーパータオルを取り出すことができました。トイレ掃除にも重宝しています。

ペーパータオルの取り出しがスムーズで購入して良かったアイテム

山崎実業・tower蓋付きペーパータオルケースのブログ画像

towerシリーズの蓋付きペーパータオルケースは価格がやや高めですが、購入してよかったアイテムです。ペーパータオルを使用する時のストレスを減らすことができ、家の中で持ち運びができます。

楽天市場やamazonでもよく売れており、購入レビューが参考になりました。

スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP