北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

5kgのお米保存に。tower「密封ライスストッカー 2種類」のよかった点・気になった点【山崎実業】

掲載日:2020/05/25 写真:SPOON HOME

蓋が透明で残量が確認しやすい。towerシリーズの密封できる米びつのサイズ感と使用感をレポート

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

yamazaki(山崎実業)では、収納グッズやキッチン用品を数多く販売しています。お米の保存容器の買い替えを検討している時に知ったのが、towerシリーズの密封米びつでした。

5kg分のお米を詰め替えて保存することができるライスストッカーです。お米は5kg毎に購入しているので、こちらのライスストッカーを使用してみることにしました。

スポンサード リンク

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

towerシリーズの密封米びつは蓋が透明で中身が確認しやすいのが特徴です。楽天市場の購入レビューをチェックしてみるとお米だけでなく、ドッグフードの保存容器として使用している人が多い印象でした。

yamazakiの商品らしいシンプルなデザインが魅力です。

▼ よかった点をピックアップ

  • 蓋が透明で残量が確認しやすい
  • キッチンインテリアに馴染みやすいシンプルなデザイン
  • 収納場所に合わせたサイズを選べる(2種類)

▼ 気になった点をピックアップ

  • 蓋の取り付け・取り外しは慣れが必要(耐久性が気になる)
  • 「袋ごと米びつ」はお米の取り出し口が少し狭い
  • 「シンク下米びつ」は持ち手が片側にしか付いていない

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

こちらの記事では、yamazakiのtowerシリーズ「密封 袋ごと米びつ」と「密封 シンク下米びつ」を使用した感想をレポートしています。良かった点と気になった点を記載しました。

米びつのサイズ感を確認しやすい写真も掲載しています。

  • 掲載している商品ラインナップや税込価格、サイズは2020年5月時点の内容です
  • 商品によっては販売終了・在庫切れになっている場合があります
スポンサード リンク

「袋ごと米びつ」と「シンク下米びつ」の2種類を販売

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

towerシリーズの密封米びつはサイズが異なる2種類を販売しています。どちらもカラーは白と黒の2色で、5kg分のお米を入れることができました。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

幅と奥行きは2〜3cmの違いですが、高さは9.3cmの差があります。

  • 【左】 袋ごと米びつ:幅28cm×奥行16.5cm×高さ28.5cm
  • 【右】 シンク下米びつ:幅30cm×奥行19.7cm×高さ19.2cm

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

袋ごと米びつはスリムで省スペースで置きやすいアイテムでした。シンク下米びつは高さを抑え、取り出し口が広いのが特徴です。

【品番03375】 密封 袋ごと米びつタワー 5kg

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

象印の「炎舞炊き 圧力IH炊飯ジャー」と並べています。(4合炊きのやや小さな炊飯器)

袋ごと米びつは炊飯器よりも高さがあり、スリムな形でした。

▼ tower 密封 袋ごと米びつ

  • 品番:03375(ホワイト)
  • 型番:KT-TW EG WH(ホワイト)
  • 価格:2,750円(税込)
  • 素材:ポリプロピレン(本体)・ABS樹脂(蓋)・シリコーン(パッキン)
  • 外寸サイズ:幅28cm×奥行16.5cm×高さ28.5cm
  • 付属品:計量カップ
  • 内容量:6L(お米 約5kg)
  • 製造・発売元:山崎実業株式会社

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

袋ごと米びつは逆台形で、両サイドに持ち手が用意されています。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

商品パッケージの説明書きを見てみると、5kgのお米をそのまま収納できると記載されていました。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

袋に入った5kgのお米を並べてみると、そのままスポッと入れることができるサイズ感でした。

towerシリーズの米びつには計量カップも付いています。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

蓋が透明なので残量が確認しやすいです。高さがあるので出しっぱなしにしておくと存在感がありました。

【品番03377】 密封 シンク下米びつタワー 5kg

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

5kg分のお米を詰め替えて使用する「密封 シンク下米びつ」は、炊飯器と同じくらいの高さでした。黒色の米びつも販売しており、自宅で使用している調理家電の色に合わせたカラーを選ぶことができます。

▼ tower 密封 シンク下米びつ

  • 品番:03377(ホワイト)
  • 型番:KT-TW EH WH(ホワイト)
  • 価格:2,750円(税込)
  • 素材:ポリプロピレン(本体)・ABS樹脂(蓋)・シリコーン(パッキン)
  • 外寸サイズ:幅30cm×奥行19.7cm×高さ19.2cm
  • 付属品:計量カップ
  • 内容量:6L(お米 約5kg)
  • 製造・発売元:山崎実業株式会社

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

「密封 シンク下米びつ」は持ち手が片側にして付いておらず、持ち運ぶ時に底を両手で持つ必要があります。中にお米が入っている時は少し持ち運びがしづらい印象です。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

こちらの米びつは取り出し口が広いので、お米を計量カップで掬いやすいです。高さを抑えた米びつなのでキッチンカウンター上にも置きやすいのが特徴。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

高さが足りず、お米は袋ごと入れることはできませんでした。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

お米の虫除けも入れています。towerシリーズの蓋はABS樹脂を使用しており、耐久性が高いわけではありません。米びつの上に重さがある物を載せるのはNGです。

ひなたライフさんは新規会員登録で「500円OFFクーポン」が発行されていることが多いので、お得に買い物ができました。

2Lのペットボトルと並べてみました

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

2種類の米びつと2Lペットボトルを並べてみました。左の袋ごと米びつは2Lペットボトルと同じくらいの高さです。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

米びつの幅は寝かせた状態の2Lペットボトルと同じくらいでした。

スポンサード リンク

野田琺瑯「ラウンドストッカー ホワイトシリーズ 21cm」と並べてみました

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

お米の保存容器として野田琺瑯のラウンドストッカーを6年ほど使用していました。ホワイトシリーズの21cmサイズは5kgのお米がちょうど収まる容量です。

袋ごと米びつはラウンドストッカー21cmよりも高さがあります。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

シンク下米びつはラウンドストッカー21cmよりも低く、幅が長めです。

持ち手付きのお米計量カップが付いている

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

towerシリーズの米びつには計量カップが付いており、同じお米計量カップでした。

左が無洗米、右が普通米を計る時に使用する目もりです。普通米の場合は「すり切り一杯で1合」、段差部分が半合になっています。

無洗米はやや計りにくい印象です。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

持ち手が付いており、計量カップを掴みやすいです。持ち手付きなのでお米に手が触れにくいのも便利なポイントでした。

【袋ごとタイプ】 5kgのお米を袋ごと保存できる

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

形がスリムな「密封 袋ごと米びつ」は袋入りにお米(5kg)をそのまま入れることができました。詰め替え作業がラクで、交換時の手入れがしやすいです。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

蓋が透明で残量が見やすいです。ABS樹脂を使用している蓋は細かい傷がつきやすいのが気になりました。

【袋ごとタイプ】 両側に持ち手が付いており、持ち運びがしやすい

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

袋ごと米びつは両サイドに持ち手が付いており、お米が入っている状態でも持ち運びがしやすいです。実際に使用してみると両側に持ち手が付いているかどうかは大事なポイントでした。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

キッチンの調理台の上に置くとなかなかの存在感です。

【袋ごとタイプ】 スリムな形状でキッチンの引き出しや棚に収納しやすい

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

高さが28.5cmの袋ごと米びつは、深さがある引き出しに入れることができます。スリムタイプなので省スペースで置くことができました。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

towerシリーズの米びつは蓋が大きく開きます。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

収納している米の袋のサイズにもよりますが、袋に入れた状態では少しお米が掬いにくいと感じました。(計量カップを動かせるスペースが狭いため)

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

異なるお米を分けて収納したい場合は省スペースで置くことができる「袋ごと米びつ」が便利です。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

引き出しだけでなく、キッチンの棚にも置くことができました。お米を取り出す時は蓋が片側に開くので、上のスペースもきちんと確保する必要があります。

【袋ごとタイプ】 冷蔵庫の野菜室には収まりませんでした

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

お米は野菜室での保存に適していますが、袋ごと米びつは高さがあるため、野菜室での保存は不向きでした。

野菜室に付いている透明なトレーに引っ掛かってしまい、野菜室を閉めることができません。

【シンク下タイプ】 5kgのお米を詰め替えて使用する

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

高さを抑えた「シンク下 米びつ」は袋ごと入れることはできず、お米を詰め替えて使用します。上の写真は5kgのお米が入っている状態です。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

取り出し口が広いのでお米の虫よけグッズを入れやすいです。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

シンク下米びつの魅力は取り出し口が広く、計量カップでお米を掬いやすい点です。お米の虫よけグッズはお米にさして入れています。

【シンク下タイプ】 底の形状が計量カップと合い、残ったお米をすくいやすい

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

シンク下米びつは底部分の形が異なります。袋ごとタイプは底がまっすぐですが、シンク下米びつは真ん中にお米が落ちる形になっていました。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

付属の計量カップが角型なので、真ん中部分に落ちたお米をサッと掬うことができました。シンプルな機能ですが、実際に使ってみると便利です。

【シンク下タイプ】 冷蔵庫の野菜室に収納しやすい大きさ。冷蔵庫のサイズによっては入らないことも

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

シンク下米びつは冷蔵庫の野菜室に収納しやすいサイズです。冷蔵庫の野菜室の高さによっては、うまく収納できない場合も。

野菜室に付いている透明なトレーが引っ掛かる場合があります。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

自宅の冷蔵庫は高さがギリギリでした。野菜室で使用する場合は事前にサイズの確認がおすすめです。(本体サイズ:幅30cm×奥行19.7cm×高さ19.2cm)

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

また、野菜室にはトレーが付いていることが多いので、野菜室に入れた状態で米びつの蓋を開けるのが難しいです。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

シンク下米びつは持ち手が片側しか付いておらず、野菜室からお米が入った状態の米びつを取り出しにくい印象でした。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

シンク下米びつも両側に持ち手が付いていれば、更に使いやすくなるのに…と思いました。

【シンク下タイプ】 キッチンの引き出しや棚に収納しやすい

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

高さを抑えているシンク下米びつはキッチンの引き出しに置きやすいアイテムです。スリム型よりも少しスペースを取りますが、安定感があります。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

引き出しは野菜室よりも蓋を開けやすく、お米の取り出しがスムーズでした。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

蓋をしっかりと閉めて保存します。商品名は「密封 シンク下米びつ」ですが、配管が近くにある引き出しは湿気がこもりやすいので注意が必要です。

湿気が多くなるキッチンシンク下、温度が高くなるコンロ下の引き出しを避けて収納したいところですが、なかなか良いスペースが確保できないことも。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

高さがあるキッチンの収納棚に置きました。袋ごと米びつよりも高さを抑えているので、蓋の開け閉めがしやすいです。

【よかった点】 蓋が透明なので残量が確認しやすい

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

towerシリーズの米びつの魅力は透明な蓋です。蓋を開けずに中身を確認でき、お米の補充タイミングがわかりやすいのが嬉しいポイント。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

野田琺瑯のラウンドストッカーは蓋が2重になっており、towerシリーズの米びつよりもワンアクション動作が増えます。

楽天市場:早めの買い物がおすすめです

【よかった点】 蓋が大きく開く

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

towerシリーズの米びつはどちらも蓋が大きく開きます。蓋は簡単に取り外しができないので、高さを確保できない場所では使いづらいことも。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

特にシンク下米びつは蓋が大きく開き、取り出し口が広いのでお米をすくいやすいです。

【気になった点】 底に貼られているシールが剥がしづらいことも

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

どちらの米びつにも底部分に商品シールが貼られています。使用前にこちらのシールを剥がそうと思いましたが、なかなかキレイに剥がれませんでした。

個体差がありますが、きれいにペラっと剥がせると思っていたので、ちょっと気になりました。

【気になった点】 蓋をしっかり閉めるにはコツがいる

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

使い始めてすぐの頃、蓋の閉め方がよく分かっておらず、きちんと密封できませんでした。上の写真は袋ごと米びつのロック部分ですが、サイズが小さいです。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

シンク下米びつも蓋全体の大きさに対して、ロック部分が小さいです。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

蓋にはパッキンが付いており、きちんと蓋を閉めているつもりでもパッキンが少し浮いた状態になっていました。

ロック部分に手のひらを載せ、まっすぐ下に押す(カチっと音がなるまで)

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

towerシリーズの米びつをきちんと密封して使用する場合は、ロック部分の上に手を載せ、上から下にまっすぐ押します。

するとロック部分が「カチっ」と音がしました。ロック部分をしっかりと閉じたあと、蓋の四隅を軽く押すと蓋全体がきちんと密封されました。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

蓋が大きいシンク下米びつも同じ方法で蓋を閉めます。ロック部分を上から押して「カチっ」と音を鳴らし、四隅を抑えてパッキンを下まで落とせば完了です。

慣れれば簡単でスムーズに密封することができました。

蓋とパッキンは取り外しが可能

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

towerシリーズの密封米びつは本体、蓋、パッキンに分解することができます。

蓋を開き、図の矢印の方向に蓋を取り出します。図で見ると簡単そうですが、始めて蓋を外す時は時間が掛かりました。

蓋の取り付け・取り外しは慣れが必要

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

蓋の取り外し・取り付けが可能な商品ですが、蓋と本体の接着面の強度が少し心配です。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

パッキンは簡単に取り外すことができました。パッキンを蓋に再度取り付ける時は少し時間が掛かります。

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

お米を入れ替える時は各パーツを取り外して洗い、しっかりと乾燥させます。

【気になった点】 ポリプロピレン製なのでホーローの米びつよりも耐久性は劣る

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

6年ほど使用した野田琺瑯のラウンドストッカーは耐久性に優れており、問題なく使用できました。両側に持ち手が付いており、持ち運びがしやすい点も気に入っています。

また、詰め替え時は各パーツが洗いやすく、手入れがしやすいです。

towerシリーズの米びつを長い期間使用しているわけではありませんが、蓋部分の耐久性が少し気になります。

中身が確認しやすい密封容器を探している場合は、tower米びつは便利なアイテム

山崎実業のtower密封ライスストッカー・米びつのブログ画像

密封米びつは他のtowerシリーズの商品と同様にキッチンインテリアに馴染みやすく、使いやすさを意識したデザインが施されています。

特に透明な蓋は在庫管理がしやすく、お米の保存以外にも活用できるアテムです。

2種類の米びつはどちらも長所・短所があり、二つの長所を盛り込んだ米びつが欲しいと思いました。

袋ごと米びつの長所・短所

▼ 袋ごと米びつの長所

  • 両側に持ち手が付いており、持ち運びがしやすい
  • お米を袋ごと入れることができ、詰め替えがラク

▼ 袋ごと米びつの短所

  • 収納するスペースに高さが必要
  • お米の取り出し口が少し狭く、計量カップを動かしにくい

シンク下米びつの長所・短所

▼ シンク下米びつの長所

  • 取り出し口が広く、お米が掬いやすい
  • 最後までお米が掬いやすい形状
  • 野菜室にも入れやすい高さ(サイズは要確認)

▼ シンク下米びつの短所

  • 持ち手が片側にしか付いておらず、お米を入れた状態で持ち上げにくい
  • 袋ごとお米を入れることができない
スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP