北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

無印良品に冷凍食品が新登場。食べておいしかった商品や通販の利用について

掲載日:2018/10/05 写真:SPOON HOME

2018年9月に新登場。無印良品の「冷凍食品」は、化学調味料不使用

無印良品の冷凍食品のブログ画像

無印良品は収納グッズだけでなく、食品にも力を入れています。お菓子やカレーなど常温保存できる食品が中心でしたが、2018年9月末に冷凍食品が新登場しました。

2018年10月時点では、4店舗と公式ネットストアで冷凍食品を購入することができます。

取扱い店舗(2018年10月)

  • 越谷レイクタウン、イオンモール堺北花田、イオンモール KYOTO、グランフロント大阪

今回は公式通販サイトで冷凍食品を購入しました。冷凍便を利用するので、通常の商品とは分けて送料が計算されます。送料は「790円」でした。

無印良品の冷凍食品のブログ画像

グランフロント大阪の店舗でも冷凍食品を販売しており、ガラス扉付きの冷凍棚ショーケースに陳列されていました。

お店の方にお聞きしたところ、持ち帰る際は小さな保冷剤が用意されているとのことでした。保冷剤の効力は1〜2時間ほどなので、遠くの店舗で購入する場合は保冷剤(保冷バッグ)の持参がおすすめです。

こちらの記事では、冷凍食品のラインナップや食べた感想、写真を掲載しています。商品ごとのカロリーは公式サイトには掲載されておらず、購入した商品のパッケージに記載されていた内容です。

実際に食べてみた感想は「すごく美味しい!」というよりも、「薄味で食べやすく、美味しい」「冷凍食品では珍しい副菜が多く、ストックしておくと便利」と思いました。

  • 一部の店舗と公式ネットストアで販売
  • 化学調味料・合成着色料・香料不使用
  • 冷凍食品では珍しいラインナップ
  • 価格はやや高め
スポンサード リンク

「世界の煮込み」シリーズは全部で7種類

無印良品の冷凍食品のブログ画像

無印良品の冷凍食品は、5つのシリーズに分かれています。(2018年10月時点)

「世界の煮込み」シリーズは夕食の1品として活躍するメニューが多く、肉じゃがやビーフストロガノフ、カムジャタンなどの煮込み料理を販売しています。

無印良品の冷凍食品はパッケージが透明で、中身が確認しやすいのがポイントです。

無印良品の冷凍食品のブログ画像

電子レンジ調理ではなく、湯せんで温めました。価格は1個390円で、量は1人前なのでやや少なめです。

「世界の煮込み」シリーズの中で特に人気なのが、「サムゲタン」です。テレビ番組のヒルナンデスでも取り上げられ、ネットストアでは売り切れになっていました。店舗の在庫も他の商品よりも少なかったです。

世界の煮込み

  • 肉じゃが(390円)
  • ビーフストロガノフ(390円)
  • カスレ・フランス風牛肉と豆の煮込み(390円)
  • バクテー・マレーシア風豚肉の煮込み(390円)
  • 牛肉とたまねぎの生姜煮(390円)
  • カムジャタン(390円)
  • サムゲタン(390円)

肉じゃが 175g(390円)

無印良品の冷凍食品「肉じゃが」のブログ画像

肉じゃがは1人前なので、量はやや少なめです。「おかずをもう1品追加したい」という時に重宝します。

じゃがいもは小さめにカットされており、味もやや薄味で食べやすいです。

無印良品の冷凍食品「肉じゃが」のブログ画像

商品パッケージの裏面には「本品に含まれるアレルゲン」や原材料、エネルギー(カロリー)が掲載されていました。

  • 価格:390円(税込)
  • 商品番号:82028317
  • カロリー:182kcal(1袋175gあたり)
  • 本品に含まれるアレルゲン:小麦・牛肉・大豆
  • 調理方法:湯せん(袋のまま熱湯の中に入れ、約10分温める)

牛肉とたまねぎの生姜煮 160g(390円)

無印良品の冷凍食品「牛肉とたまねぎの生姜煮」のブログ画像

ご飯とよく合う1品が欲しい時は、「牛肉とたまねぎの生姜煮」がおすすめです。玉ねぎが多めで、やや濃いめの味付けでした。生姜がしっかりと効いているので、生姜が苦手な方はご注意ください。

販売元は無印良品ですが、製造所は神戸にある「エム・シーシー食品株式会社」と記載されています。

無印良品の冷凍食品「牛肉とたまねぎの生姜煮」のブログ画像

こちらも電子レンジでは調理できず、湯せんで10〜12分ほど温めます。一袋あたりのエネルギーは197kcalでした。

  • 価格:390円(税込)
  • 商品番号:82028270
  • カロリー:197kcal(1袋160gあたり)
  • 本品に含まれるアレルゲン:小麦・牛肉・大豆
  • 調理方法:湯せん(袋のまま熱湯の中に入れ、約10~12分温める)

「日本の飲茶」シリーズは全部で12種類

無印良品の冷凍食品のブログ画像

新登場した冷凍食品は、餃子の品揃えが充実していました。餃子は蒸し焼きにするのでフライパンが必要ですが、焼売は電子レンジで調理することができます。

餃子や焼売の価格は1個450円で、スーパーで販売している冷凍餃子よりも少し高い印象です。

  • 国産黒豚肉入り肉焼売(450円)
  • 国産野菜の海老焼売(450円)
  • 国産黒豚肉入り餃子(450円)
  • 国産野菜と生姜の棒餃子(450円)
  • 国産豚肉と野菜の餃子(450円)
  • 国産麦豚肉のワンタン(450円)

「日本の飲茶」シリーズでは、みたらし団子やおはぎなど和菓子も販売しています。今回はおはぎをご紹介していますが、想像よりも美味しくて驚きました。

ツイッターで「みたらし団子が美味しい」と見かけたので、次回はみたらし団子や他の和菓子も購入予定です。

  • 餡入りわらびもち(390円)
  • きな粉おはぎ(390円)
  • おはぎ(390円)
  • クリーム大福(390円)
  • だんご(390円)
  • みたらしだんご(390円)

国産黒豚肉入り肉焼売 300g 10個入り(450円)

無印良品の冷凍食品「国産黒豚肉入り肉焼売」のブログ画像

焼売を電子レンジで温めました。耐熱皿に移し、分量の水を加えてラップをすれば準備完了です。味も美味しく、お弁当やお昼ご飯、夕食の1品として活躍します。

無印良品の冷凍食品「国産黒豚肉入り肉焼売」のブログ画像

商品パッケージの裏面には、温め方が掲載されていました。焼売1個あたりのカロリーは「74kcal」です。

無印良品の冷凍食品「国産黒豚肉入り肉焼売」のブログ画像

焼売の商品パッケージはチャック式になっており、残った分を冷凍保存しやすいです。

  • 価格:450円(税込)
  • 商品番号:82111330
  • カロリー:74kcal(1個30gあたり)
  • 本品に含まれるアレルゲン:小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・魚介類
  • 調理方法:電子レンジで温める

おはぎ 4個(390円)

無印良品の冷凍食品「おはぎ」のブログ画像

おはぎは室温で自然解凍することができました。解凍時間の目安が2〜3時間なので、お昼に冷凍から出すと15時頃に食べることができます。

4個入りですが、1個ずつが小ぶりなので食べやすいです。

無印良品の冷凍食品「おはぎ」のブログ画像

冷凍庫でストックしておくと、「ちょっと和菓子やあんこが食べたいなぁ」と思う時に便利です。

無印良品の冷凍食品「おはぎ」のブログ画像

購入した月が2018年10月で、賞味期限が2019年8月でした。約10ヶ月冷凍庫で保存することができます。

無印良品の冷凍食品「おはぎ」のブログ画像

商品パッケージの裏面には原材料やエネルギーが掲載されています。1個あたり123kcalなので、4個食べると492kcalに…!おいしいですが、食べ過ぎには注意したいと思います。

  • 価格:390円(税込)
  • 商品番号:82027983
  • カロリー:123kcal(1個50gあたり)
  • 調理方法:室温で自然解凍
スポンサード リンク

「世界のごはん」シリーズは全部で12種類

無印良品の冷凍食品のブログ画像

「世界のごはん」シリーズでは、おにぎりや穴子飯、ちまき、キンパなど色んな種類のご飯ものが発売されています。

特におにぎりの品揃えが充実しており、発芽玄米や五穀米、押し麦のおにぎりは冷凍食品では珍しいです。

  • 発芽玄米ごはんの塩おにぎり(490円)
  • 五穀米ごはんの鮭おにぎり(490円)
  • 押し麦ごはんの梅おにぎり(490円)
  • もち麦ごはんの枝豆塩昆布おにぎり(490円)
  • 赤米ごはんの焼きおにぎり(490円)

キンパ(韓国風のりまき)はテレビ番組でも紹介され、ネットストアと店舗で品薄になっていました。いなり寿司やちまきが登場しているのも嬉しいです。

  • 穴子飯(450円)
  • 五目いなり(390円)
  • 栗と赤飯のおこわ(450円)
  • 豚角煮の中華ちまき(490円)
  • キンパ・韓国風のりまき(490円)
  • ポルチーニとベーコンのクリームリゾット(390円)
  • ほうれん草とベーコンのトマトクリームリゾット(390円)

発芽玄米ごはんの塩おにぎり 5個入り(490円)

無印良品の冷凍食品「発芽玄米ごはんの塩おにぎり」のブログ画像

左2個が「発芽玄米ごはんの塩おにぎり」、右2個が「五穀米ごはんの鮭おにぎり」です。どちらも1個のおにぎりが小さく、子供も食べやすい大きさでした。

無印良品の冷凍食品「発芽玄米ごはんの塩おにぎり」のブログ画像

ちょっと小腹が空いた時や少しだけご飯を食べたい時に便利です。発芽玄米ならではの食感と素朴な味わいが魅力。

無印良品の冷凍食品「発芽玄米ごはんの塩おにぎり」のブログ画像

おにぎりは電子レンジで温めることができます。1個あたりのエネルギーは132kcalでした。

  • 価格:490円(税込)
  • 内容量:400g(80gg×5個)
  • 商品番号:82028089
  • カロリー:132kcal(1個80gあたり)
  • 調理方法:個袋ごと電子レンジで温める

五穀米ごはんの鮭おにぎり 5個入り(490円)

無印良品の冷凍食品「五穀米ごはんの鮭おにぎり」のブログ画像

5個入りのおにぎりは1個ずつ包装されており、食べたい分だけ温めることができました。袋に蒸気穴が開いているので、そのまま電子レンジで温めることができます。

  • 価格:490円(税込)
  • 内容量:400g(80gg×5個)
  • 商品番号:82028126
  • カロリー:133kcal(1個80gあたり)
  • 調理方法:個袋ごと電子レンジで温める

無印良品の冷凍食品「五穀米ごはんの鮭おにぎり」のブログ画像

無印良品では冷凍おにぎりだけでなく、雑穀米の「温めて食べるパックごはん」も販売しています。プチプチとした食感で、美味しい雑穀米です。カレーともよく合い、ストックするようにしています。

「素材を生かしたお惣菜」シリーズは全部で14種類

無印良品の冷凍食品のブログ画像

無印良品の冷凍食品で印象的だったのが、野菜のお惣菜が多い点です。他の商品と同様に「化学調味料・合成着色料・香料」は不使用で、色んな種類の副菜が用意されていました。

冷凍食品といえば揚げ物やパスタなどが多いですが、野菜のお惣菜がストックできるのは便利です。

無印良品の冷凍食品のブログ画像

食べる時は電子レンジは使用せず、「水で解凍」または「冷蔵庫で解凍」します。商品にもよりますが、水で解凍する場合は20〜40分が目安です。

  • ごぼうと九条ねぎのきんぴら 柚子風味(390円)
  • 小松菜と揚げのおひたし(390円)
  • 彩り野菜とひじきの煮物(390円)
  • 小松菜の白和え(390円)
  • ぜんまいと揚げの煮物(390円)
  • 丹波黒豆と大豆の煮物(390円)
  • 京風うの花(390円)
  • 高野豆腐とえんどう豆の卵和え(390円)
  • 京揚げ入り茶切り昆布煮(390円)
  • いんげんの生姜醤油和え(390円)
  • 蓮根のきんぴら(390円)
  • 金時人参のなます(390円)
  • 鶏肉と根菜の京風お煮しめ(390円)
  • 千切り大根(390円)

無印良品の冷凍食品のブログ画像

冷凍食品とは思えないお惣菜の充実ぶりです。あともう1品欲しいという時に重宝します。味も素朴で美味しいです。

無印良品の冷凍食品のブログ画像

こちらは「いんげんの生姜醤油和え」で、だしの旨味が効いています。1パック390円で販売しており、カロリーは1袋(200gあたり)63kcalと低いです。

無印良品の冷凍食品のブログ画像

左が「蓮根のきんぴら」、右が「彩り野菜とひじきの煮物」です。夕食のおかずとしてはもちろん、お弁当の1品としても活躍します。

スポンサード リンク

「焼きたての美味しさ」シリーズは全部で5種類

無印良品の冷凍食品のブログ画像

「焼きたての美味しさ」シリーズでは、パン系の冷凍食品が充実しています。ホットサンドやフレンチトーストは朝食にもおすすめです。

特にキッシュの人気が高く、店舗では売り切れていました。ネットストアも在庫切れになっていることが多いです。

  • ベーコンとチーズのキッシュ(490円)
  • チキンとほうれん草のキッシュ(490円)
  • ホットサンド スモークチキン&チーズ(350円)
  • ホットサンド ベーコン&チーズ(350円)
  • 厚切り食パンのフレンチトースト(250円)

無印良品の冷凍食品のブログ画像

「厚切り食パンのフレンチトースト」は電子レンジとオーブントースターで温めます。上から見ると小さく感じますが、厚みがあり食べごたえは十分でした。

程よく甘く、表面はカリッとした食感です。カロリーは1個(150gあたり)346kcalと高め。価格は税込250円でした。

無印良品の冷凍食品はちょっと高いけど、ストックしておくと便利

無印良品の冷凍食品のブログ画像

「2018年に入ってから、無印良品の食品が増えているなぁ」と思っていましたが、冷凍食品が登場するとは思いませんでした。2018年10月時点では一部の店舗のみで販売していますが、ネットストアで取り扱いがあるので購入可能です。

冷凍食品はスーパーでも色んな商品を購入することができます。無印良品の冷凍食品は価格が少し高めな印象です。

「化学調味料・合成着色料・香料」が不使用で、他のメーカーにはない副菜や和菓子、おにぎりが充実している点が気に入っています。

スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP