北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

落ちないS字フック「Tidyエスフック」が便利。キッチンやお風呂場の吊るす収納におすすめ

掲載日:2019/03/05 写真:SPOON HOME

「バーから外れにくいS字フック」Tidyエスフックの使い方

Tidyエスフックの収納ブログ画像

インテリアブランドの「Tidy(ティディ)」では、掃除グッズや収納グッズなど使いやすい日用品を販売しています。外れにくいS字フック「Tidy エスフック」も人気が高いアイテムです。

3個入り540円で販売しており、S字フックとしてはやや高めな価格ですが、買ってよかったと思える商品でした。

デザイン性、使いやすさ、耐久性に優れたS字フックで、お風呂場でも使用することができます。

Tidyエスフックに調理器具を収納しているブログ画像

こちらの記事では、Tidyエスフックの特長や収納アイデア、活用法を写真付きでご紹介しています。

Tidyエスフックはメール便にも対応している通販ショップが多く、お買い物マラソンやスーパーセールの時に購入しやすいです。

  • すぐに収納アイデアをチェックする場合は、こちらから見ることができます
  • 掲載している商品ラインナップや税込価格、サイズは2019年3月時点の内容です
  • 商品によっては販売終了・在庫切れになっている場合があります
スポンサード リンク
伊勢丹ドアのお試しセットの記事画像

カラーは4色を販売。1セットに3個入っている

Tidyエスフックの収納ブログ画像

TidySフックは全部で4色を見つけることができました。形やサイズ、価格は共通です。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

各カラー1個ずつフックを並べてみました。よく見るとフック上部の色が少し異なるのがわかります。

色が少し濃い部分はフック自体が柔らかくなっており、バーにフックを掛ける時に使用します。

Tidyエスフックのカラーバリエーション

  • ウォームグレー
  • ウォームホワイト
  • イエロー
  • ウォームブルー

Tidyエスフックの収納ブログ画像

どのカラーもマットな質感です。フックを掛けているだけでも可愛く、インテリアに馴染みやすいのが特長。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

1セットに同じカラーのフックが3個入っています。4色を購入しましたが、ついついホワイトを使ってしまうことが多いです。

tidy エスフックの商品情報

  • 価格:540円
  • サイズ(約):幅3.8cm×高さ6.5cm×奥行0.5cm
  • 材質:TPE(熱可塑性エラストマー)
  • 耐荷重:約800g
  • 日本製
  • JANコード:4904771113685(ホワイト)
  • JANコード:4904771113678(グレー)
  • JANコード:4904771113692(イエロー)
  • JANコード:4904771113661(ブルー)

S字フックの先端が柔らかくなっている。曲げながらバーに取り付けができる

Tidyエスフックの収納ブログ画像

Tidyエスフックは先端の色が少し濃くなっています。通販ショップの商品写真で見ている時はバイカラーのようになっており、色の違いが気になっていました。

実際に購入し使用してみると、先端の色の違いはあまり気にならない程度でした。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

商品パッケージにはエスフックを取り付ける時の写真が掲載されていました。柔らかくなっている部分をバーに当て、ぐっと押し込んでフックを取り付けています。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

フックをバーに対して斜めにし、柔らかい部分をバーに当てます。ぐっとフック自体を押すと、バーにフックを取り付けることができました。

取り付け自体は簡単で、3秒ほどで完了します。

物を取ってもフックが外れないので、ストレスを感じない

S字フックはバーに取り付け、物を掛けて収納できるアイテムです。100円ショップでもいろんな形やサイズのS字フックが販売されています。

便利なアイテムですが、ストッパーがないS字フックは外れやすいのが難点です。フックから物を取る時、一緒にフックが落下してしまうことも。

ちょっとしたことですが、フックを戻す作業にストレスを感じていました。(フックが落ちた時になる音も気になります)

Tidyのエスフックは外れにくいので、フックがバーに留まり、落ちることがありません。

調理器具やドライヤーなど、使用する機会が多い物を吊るす時は特に便利です。

直径2.2cmまでのバーに取り付けが可能

Tidyエスフックの収納ブログ画像

Tidyエスフックはサイズが1種類のみで、直径2.2cmまでのバーに設置することができます。太めのバーに掛けて使用する場合は、事前にバーのサイズ確認がおすすめです。

素材にTPE(熱可塑性エラストマー)を使用しており、お風呂場でも使いやすい

Tidyエスフックの収納ブログ画像

エスフックの素材にはTPEが使用されており、暑い場所や寒い場所で使いやすいのが特長です。湿度が高く、暑くなりやすいお風呂場の収納にも使用できます。

フックを動かしても音が鳴りにくい

Tidyエスフックの収納ブログ画像

金属製のS字フックは、動かす時に音が鳴りやすいです。Tidyエスフックは柔らかい素材なので音を抑えることができました。

直射日光を避けると、庭やベランダでも使用できる

Tidyエスフックの収納ブログ画像

エスフックは暑い場所でも使いやすいアイテムですが、直射日光が当たる場所では使用できません。庭やバルコニー(ベランダ)で使用する場合は、日が当たらない場所に取り付けます。

1個あたりの耐荷重は約800g

Tidyエスフックの収納ブログ画像

Tidyエスフックの耐重荷は1個あたり、約800gです。スプレーボトルを掛けて収納する場合は、容量を確認するようにしています。

上の写真では容量500mlのパストリーゼ77を掛けました。

こちらもおすすめ

100均グッズの「ストッパー付き・外れないS字フック」と並べてみました

Tidyエスフックの収納ブログ画像

バーから外れにくいS字フックは100円ショップでも購入することができます。上の写真ではセリア(2点)とダイソー(2点)のストッパー付きS字フックを並べています。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

100円ショップの「外れないS字フック」はストッパーにステンレスを使用しています。フック本体はプラスチック製(ABS樹脂)なので、耐久性が気になるところです。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

左がTidy、右がセリアのS字フック(小)です。素材の違いはもちろん、フックの下側(物を掛ける部分)の大きさが異なります。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

実際にバーに掛けてみると、Tidyの方が形とカラーがきれいな印象でした。

価格が異なりますが、インテリアに馴染み、使いやすくて長持ちするフックを選ぶ場合はTidyがおすすめです。

【活用法】 キッチン収納に。調理器具を掛けて収納する

Tidyエスフックの収納ブログ画像

Tidyエスフックを使用した収納例をご紹介していきます。キッチンではインテリアに馴染みやすいホワイトカラーを使用しました。

エスフックを6個並べ、シリコーン調理スプーンやスパチュラを収納しています。調理器具は熱に強く、使いやすい無印良品のシリコーンシリーズを愛用しています。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

フックを通す穴が小さいと、フックから外す時にフックごと落ちてしまうことがあります。特におたまやスパチュラなどの調理器具を取る時は、S字フックが落下しやすいです。

Tidyエスフックに変えてからフックが外れることがなくなったので、より使いやすくなりました。

保冷バッグやエコバッグ置き場として使用する

Tidyエスフックの収納ブログ画像

バーから外れにくいS字フックは、保冷バッグやエコバッグの置き場所にも重宝します。出かける前にバッグを取る時にフックが外れず、スムーズに準備ができました。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

DEAN&DELUCAのクーラーバッグはハンドルが太めですが、Tidyエスフックに掛けることができました。上の写真ではMサイズのクーラーバッグを掛けています。

こちらもおすすめ

Tidyエスフックの収納ブログ画像

エスフックを2個並べ、エコバッグを収納しています。グレーカラーのエスフックはホワイトとは違い、やや引き締まった印象に。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

エスフックは外れにくいだけでなく、物の出し入れがしやすいフックの形状が魅力です。

鍋つかみやザルを掛けておく

Tidyエスフックの収納ブログ画像

バーが設置されていることが多いキッチンは、エスフックを活用できるスペースです。ミトン(鍋つかみ)や調理ツールを掛けています。

キッチンで使用することが多いパストリーゼの置き場所としても便利です。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

ザルを乾かす時にも役立ちました。持ち手が付いているキッチンツールの収納や乾燥におすすめです。

キッチンでゴミ袋を掛ける

Tidyエスフックの収納ブログ画像

エスフックを2個利用し、レジ袋(持ち手付きビニール袋)を掛けて使用しました。簡易ゴミ箱として使用でき、フックが外れないので使いやすいです。

キッチンクロスを掛ける

Tidyエスフックの収納ブログ画像

手を拭いたり、食器拭きとして使用するキッチンクロスを掛けています。キッチンクロスは上に持ち上げることが多いので、フックが外れてしまうことも。

エスフックに掛けておくとストレスなく、キッチンクロスを使用することができました。

ベルトやキャップを掛けて収納する

Tidyエスフックの収納ブログ画像

Tidyエスフックはキッチンだけでなく、クローゼットや洋服ハンガーラックで使用することができます。クローゼットで使用する場合は、バーが直径2.2cm以下か確認する必要があります。

上の写真では無印良品の「スチールハンガーラック」にエスフックを2本掛け、ベルトを吊るして収納しています。

フックが外れないのでベルトを取り出しやすく、省スペースで収納することができました。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

ややスペースをとりますが、キャップも掛けて収納することができました。キャップの数が多い場合はやや不向きな収納方法です。

リュックやショルダーバッグ、トートバッグを収納する

Tidyエスフックの収納ブログ画像

エスフックを使用し、バックパックやショルダーバッグを掛けて収納しました。エスフック1個あたりの耐荷重は800gなので、中身は空の状態で収納しています。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

トートバッグもエスフックに掛けることができました。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

バッグの持ち手が硬く、太いバッグは少し掛けにくい印象です。エスフック自体が滑りにくくなっており、落ちることはありませんでしたが、ハンドルが太いバッグは掛けれないことも。

洗面所で使用する。ドライヤーを掛けておく

Tidyエスフックの収納ブログ画像

Tidyエスフックは洗面所収納でも活躍するアイテムです。上の写真ではドライヤーを掛けて収納しています。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

ドライヤー自体に掛ける穴が用意されており、フックで吊るすことができました。毎日使用するドライヤーは外れないフックで掛けておくと、出し入れがラクです。ドライヤーのコードは100円ショップで購入した「コードクリップ」でまとめています。

洗濯ネットを乾かす

Tidyエスフックの収納ブログ画像

お風呂のドアに付いているバーを使用し、エスフックを3つ掛けました。洗濯に使用した洗濯ネットを掛け、乾燥させています。

掃除グッズを掛けて収納する

Tidyエスフックの収納ブログ画像

収納庫の空きスペースに突っ張り棒を設置し、エスフックを3個掛けました。突っ張り棒は100円ショップのセリアで購入したアイテムです。

無印良品の「卓上ほうき・ちりとり付き」と除菌消臭スプレー、洋服ブラシを収納しています。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

突っ張り棒は力を加えると落ちやすいアイテムなので、エスフックを取り付ける時は注意が必要です。固定のバーに設置する時のように上から下に力を掛けると、突っ張り棒が落下する恐れがあります。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

エスフックを突っ張り棒に設置する時は、突っ張り棒を手で支えた状態でフックを取り付けるのがおすすめです。

突っ張り棒の落下対策については、下の記事でおすすめグッズをご紹介しています。

こちらもおすすめ

お風呂場で使用する。風呂桶や泡立てネットを掛けておく

Tidyエスフックの収納ブログ画像

素材にTPE(熱可塑性エラストマー)を使用しているエスフックは、お風呂場でも使いやすいアイテムです。お風呂場では清潔感があるホワイトカラーのエスフックを使用しています。

エスフックの風呂桶と泡立てネットを掛け、使用後はしっかりと乾燥させています。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

丸い穴が開いている風呂桶は吊るして収納することができます。フックが外れないので、泡立てネットの出し入れもスムーズです。

お風呂の掃除グッズを乾かす・収納する

Tidyエスフックの収納ブログ画像

浴室用の掃除グッズの乾燥と収納にも使用できました。バスブラシやバス用スポンジは、吊るせるように穴が開いていることが多いです。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

白色のエスフックを使用することで、色の氾濫を抑えることができます。

Tidyエスフックの収納ブログ画像

バスブーツの収納には、100円ショップのセリアで購入した「ハンギング ステンレス2WAYホルダー」が便利です。(JANコード:4968951211967)

Tidyエスフックの収納ブログ画像

浴室だけでなく、お風呂ドアのバーや洗濯機ラックでも使いやすいアイテムです。バスブーツは「マーナ お風呂のスリッパ」を使用しています。

S字フックが落ちないのは、思っていた以上に快適でした

Tidyエスフックの収納ブログ画像

S字フックはキッチンやクローゼット、洗面所などいろんな場所で活躍する収納グッズです。便利なアイテムですが、落下しやすいのが難点でした。

簡単に外れないフックに変えてみると、想像以上に使いやすいと感じました。一度購入すると長く使用できるアイテムなので、買い換えてよかったです。

スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP