北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

ズボン・パンツの収納アイデア。無印良品やニトリのおすすめハンガーをご紹介

掲載日:2018/10/12 写真:SPOON HOME

ズボン(パンツ)を使いやすく収納。おすすめのハンガーや畳み方

ズボンの収納アイデアのブログ画像

ハンガーから滑り落ちたり、折りシワが付きやすいズボンは、収納方法に悩むことが多いアイテムです。本数が増えやすいので、気づけば散らかっていることも。

ズボンは折りシワの付きやすさや着用頻度によって、収納グッズを選ぶようにしています。

折りシワが付きやすいズボンは吊り下げ収納がおすすめです。無印良品やニトリでもズボン用ハンガーを販売しており、使いやすいアイテムを見つけることができました。

  • 折りシワが付きにやすいズボンは、ハンガーに掛ける(例:スラックス)
  • 折りシワが付きにくいズボンは、畳んで収納できる(例:デニムパンツ)

ズボンの収納アイデアのブログ画像

デニムパンツなど折りシワが付きにくいズボンは、畳んで収納することができます。重ねて収納する場合は、着用する機会が多いズボンを上にしています。

こちらの記事では、無印良品とニトリのアイテムを中心に「ズボンの収納例」を写真付きでご紹介しています。

  • 掲載している商品ラインナップや税込価格、サイズは2018年10月時点の内容です
  • 商品によっては販売終了・在庫切れになっている場合があります
スポンサード リンク

【特におすすめ】 無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」でズボンを収納するブログ画像

無印良品、ニトリ、IKEA、100均のズボンハンガーを使用し、特に良いと感じたのが、無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」です。

1本450円と価格は高めなので、10%OFFで購入できる無印良品週間中に買い足しをしました。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」でズボンを収納するブログ画像

軽量なズボンハンガーで耐荷重は1kgです。無印良品の公式サイトにもレビューが掲載されており、評価が高めでした。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」でズボンを収納するブログ画像

ピンチが付いているタイプのズボンハンガーなので、幅は少しかさばりやすいです。デザイン自体はシンプルなので、インテリアになじみやすいのが特徴。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」でズボンを収納するブログ画像

滑りやすく、折りシワが付きやすいズボンを中心に収納しました。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」でズボンを収納するブログ画像

無印良品「アルミハンガー・パンツ」の一番の魅力は、ピンチが使いやすいことです。あまり力を入れなくても、ピンチがスムーズに開きます。

しっかりと挟むことができますが、ピンチ跡がほとんどつきません。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」でズボンを収納するブログ画像

ピンチを開いてみると、じくざくローラーのようになっていました。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」でズボンを収納するブログ画像

ピンチが太く、しっかりとズボンを挟んでいます。バーに掛けるフック部分も回転するので、フックの向きをバーに掛けた後でも調節することができました。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用」でズボンを収納するブログ画像

デニムパンツもしっかりと挟み、吊り下げて収納することができます。ズボンを着用する時はバーからハンガーごと取り出す必要がありますが、ピンチが使いやすいのでストレスが少ないです。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」でズボンを収納するブログ画像

無印良品のパンツ用アルミハンガーは3段タイプも販売しています。価格は990円で、1段タイプを3本購入するよりも少し安いです。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」でズボンを収納するブログ画像

耐荷重は3kgです。幅35cm、奥行3cmは1本タイプと共通でした。高さのみが異なり、組み合わせて使いやすいです。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」でズボンを収納するブログ画像

3段タイプでは珍しく、半分に畳むことができました。使用しない時はコンパクトに収納することができます。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」でズボンを収納するブログ画像

ズボンを3本収納しました。ハンガー自体が軽量なのでクローゼットから取り出しやすいです。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」でズボンを収納するブログ画像

3本タイプはクローゼットや衣装ラックの縦スペースを有効活用できます。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」でズボンを収納するブログ画像

無印良品のズボン用アルミハンガーで特に気に入ってるのが、フックが回ることです。ズボンを掛ける向きを間違った場合でもフックを回して揃えることができます。

シンプルな機能ですが、よく掛け間違えるのでちょっとしたストレスを減らすことができました。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」でズボンを収納するブログ画像

3段タイプは重ねて収納する分、1段タイプよりもズボンが取り出しにくくなります。着用する頻度が高いズボンは1本タイプ、着用する機会が少ないタイプは3段タイプで収納しました。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」でズボンを収納するブログ画像

無印良品のズボン用アルミハンガーはスカートにも使用できます。重さがあるスカートもしっかりと挟み、ずり落ちることがありません。

無印良品の「アルミハンガー・パンツ/スカート用3段」でズボンを収納するブログ画像

ピンチも左右に動かすことができるので、スカートのレザー留め具を避けることができました。

スポンサード リンク

ニトリの「すべりにくいスカートズボン5段ハンガー」

ニトリの「すべりにくいスカートズボン5段ハンガー」でズボンを収納するブログ画像

次はニトリのハンガーをご紹介します。ニトリは衣類収納グッズや洗濯用品が充実しており、ハンガーの種類も豊富です。

「すべりにくいスカートズボン5段ハンガー」は1本462円で購入することができます。ズボンを5本掛けることができ、収納力があるハンガーです。

ニトリの「すべりにくいスカートズボン5段ハンガー」でズボンを収納するブログ画像

ハンガーの本体は「スチール」、ズボンが落ちにくいように滑り止めには「ポリ塩化ビニル」が使用されています。便利なハンガーですが、少し重さがあるのが気になるところです。

ニトリの「すべりにくいスカートズボン5段ハンガー」でズボンを収納するブログ画像

大きい商品なので縦スペースにゆとりがある場所で使用します。

ニトリの「すべりにくいスカートズボン5段ハンガー」でズボンを収納するブログ画像

ズボンを取り出しやすいように、段ごとにズボンの位置をずらして収納しています。滑り止めがしっかりと効いており、ズボンが滑り落ちません。

ニトリの「すべりにくいスカートズボン5段ハンガー」でズボンを収納するブログ画像

格段のバーは上に少し持ち上げると外れるようになっています。ハンガーの前スペースにゆとりがある場合は、ハンガーの位置を変えずにズボンを取り出すことが可能です。

ニトリの「すべりにくいスラックスハンガー・ラミー3本組」

ニトリの「すべりにくいスラックスハンガー」でズボンを収納するブログ画像

ニトリでは、MAWAハンガーと似ている1本タイプのスラックスハンガーを販売しています。3本セットで277円と価格が手頃で、数を揃えやすいのが嬉しいポイント。

ニトリの公式サイトでも評価が高いアイテムです。

ニトリの「すべりにくいスラックスハンガー」でズボンを収納するブログ画像

5本タイプと同じでスチールにポリ塩化ビニルが使用されています。ズボンが滑り降りにくく、1本タイプのズボンの出し入れがラクでした。

ニトリの「すべりにくいスラックスハンガー」でズボンを収納するブログ画像

シングルハンガーといえば、MAWAハンガーが有名です。ニトリのスラックスハンガー(下)とMAWAハンガー・シングルパンツ(上)を並べてみました。

同じ1本タイプのハンガーですが、形や高さが異なるのが分かります。

こちらもおすすめ

ニトリの「すべりにくいスラックスハンガー」でズボンを収納するブログ画像

横並びで使用してみると、掛けた時の状態の違いがよく分かります。ニトリのスラックスハンガーはフックとズボンを掛ける位置が離れており、ズボンの位置が少し下になりました。

ニトリの「すべりにくいスラックスハンガー」でズボンを収納するブログ画像

MAWAハンガーはズボンを掛ける部分がまっすぐですが、ニトリのスラックスハンガーは先が少し上向きになっています。

どちらも使用感はよく、デザインの好みと価格、ズボンの高さで好きな方を選ぶのがおすすめです。

スポンサード リンク

ダイソーの「スベリ止めハンガー スラックス用2段」は、ポールのサイズに注意

ダイソーの「スベリ止めハンガー スラックス用2段」でズボンを収納するブログ画像

100円ショップのダイソーでもスラックス用ハンガーを見つけることができました。ニトリと同じように滑り止めがついており、2段タイプで100円+と価格が安いです。

  • 価格:100円+税
  • 素材:塩化ビニル樹脂・スチール
  • JANコード:4549131408140

ニトリの「すべりにくいスラックスハンガー」でズボンを収納するブログ画像

ズボンは滑り落ちず、問題なく掛けることができました。

ニトリの「すべりにくいスラックスハンガー」でズボンを収納するブログ画像

クローゼットのバーのサイズが大きく、フックを最後まで入れることができませんでした。もう少しバーが細い衣装ラックでは使用することができました。

ニトリの「すべりにくいスラックスハンガー」でズボンを収納するブログ画像

価格が安く便利なアイテムですが、バーが太い場合は掛けることができない可能性があるので注意が必要です。

自宅で計測したので確実ではありませんが、直径3cm以上のバーで使用した場合は浮いてしまうことも。

吊り下げ収納なら、MAWAハンガーもおすすめ

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

ズボンを吊り下げて収納する場合は、人気ブランド「MAWAハンガー」の使用もおすすめです。

特に1本タイプが使いやすく、カラーは白を選びました。ホワイトカラーだけでなく、ブラックも販売しています。

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

高さを抑えたスッキリとしたデザインです。

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

「MAWAハンガー シングルパンツ」を10本使用し、ズボンを並べて収納しました。

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

MAWAハンガーは薄型なので、省スペースでたくさんのズボンを収納することができます。

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

ハンガーの位置はそのままで、ズボンだけを手前に取り出すことができるのがポイント。先端がまっすぐなのでズボンを正面から取り出しやすいです。

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

パンツ用のMAWAハンガーは2段タイプも販売しています。シンプルなデザインですが、滑り止めがしっかりと効いていました。

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

滑り落ちやすいズボンを使いやすく収納することができました。幅を取らず、スッキリと収納できるのが嬉しいポイントです。

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

ズボン用のMAWAハンガーはストールやマフラーの収納にも向いています。冬場はマフラーを使用する機会が多いので、出し入れがしやすいMAWAハンガーが便利です。

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

MAWAハンガーではクリップ式も販売しています。クリップの先に特殊コーティングが施されており、ズボンやスカートをしっかりと挟むことができました。

、MAWAハンガーでズボンを収納するブログ画像

クリップ式ハンガーはスカート収納で使用することが多いです。無印良品のズボン用アルミハンガーのようにフックは回らないので、掛ける向きは自分で揃える必要があります。

クリップ式と掛けるズボンハンガーの使い分け

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

ズボン用ハンガーは、クリップタイプ(左)と掛けるタイプ(右)の2種類を販売しています。

ズボンをサッと取り出すことができるのは、掛けるタイプです。クリップ式はクリップから外す作業があるので、一手間掛かってしまいます。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

掛けるタイプはズボンの重さに影響を受けやすく、重さがあるズボンを掛けると前方に傾きやすいです。クリップタイプはズボンの重さに関わらず、高さをキレイに揃えることができます。

クリップがない分、掛けるタイプは横幅を抑えることができるのも特徴です。

  • よく着用しているズボン:「掛けるタイプ」が取り出しやすい
  • 収納スペースが狭い:「掛けるタイプ」の方が収納量が多い
  • 重さがあるズボン:「クリップタイプ」が安定感あり
  • スカートも収納したい:「クリップタイプ」が使いやすい
スポンサード リンク

ジーンズ(デニムパンツ)を畳んで収納する

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

折りシワが付きにくいデニムパンツは、折りたたんで収納しやすいアイテムです。ズボンを重ねて収納する場合は、折りたたみ方を変えると収納しやすくなります。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

デニムパンツの裾をお尻のポケット位置に合わせます。(指先の部分)

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

ズボンの膝部分を全体の1/3あたりまで折ります。以上で完了です。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

同じ方法で折りたたんだズボンを重ねました。ズボンの高さが揃っているので重ねた場合でもバランスが良いです。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

ズボンを折りたたむと腰あたり(ベルト部分)に高さが出やすいです。片側が高くなってしまうので、ズボンを重ねた時にバランスが悪くなってしまいます。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

高さを揃えた状態でカラーボックスや棚に収納しました。見た目もキレイで、どこにどのズボンを収納しているか見つけやすいです。

デニムパンツをニトリの「インボックス」に立てて収納する

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

ニトリの人気商品「インボックス」のレギュラーサイズを使用し、デニムパンツやチノパンを立てて収納しました。着用する機会が多いズボンをまとめて収納し、取り出しやすくしています。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

レディースのズボンを7本収納しました。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

インボックスは棚やカラーボックスに収納しやすいアイテムです。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

立てて収納することで、着用したいズボンが取り出しやすくなりました。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

正面からみると中身が見えにくく、スッキリとした印象に。

デニムパンツを畳んで収納するブログ画像

インボックスだけでなく、ニトリのトロファスト風ボックスにもズボンを収納することができました。

スポンサード リンク

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP