北欧食器や収納アイデア、すてきなキッチン雑貨など「家で過ごす時間が楽しくなるモノやアイデア」を紹介しているブログです。
spoonhome.com since 2016

着こなしやコーディネートの参考になる、おすすめのファッション本。Kindle Unlimited対象

更新日:2016年9月1日

Kindle Unlimitedで読める、コーディネート本やレディースファッション雑誌

クローゼットの画像

amazonが提供している月額980円の読み放題サービス、Kindle Unlimited。雑誌だけでなく単行本やムック本も読み放題の対象となっており、着こなし術やコーディネート例が掲載されているファッション本を見つけることができます。

スタイリストの方が執筆しているファッション本が多く、人気の本も何点か読み放題の対象になっていました。おすすめのレディースファッション雑誌もピックアップしています。

Kindle Unlimitedは始めの1ヶ月は無料で利用することができるので、気になるファッション本や雑誌があればぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめのファッション本 一覧

  • 「今の自分」に似合う服
  • おしゃれのイメージレッスンと配色の本
  • “自分史上最高”の私になる「おしゃれの法則」
  • 【雑誌】LaLaBegin (ララビギン)
  • 【雑誌】VOGUE JAPAN

※ ピックアップしている本は記事作成時(2016年9月)の情報に基づいて掲載しています。読み放題の対象外になっている場合もあるのでご注意いただければ幸いです。

スポンサード リンク

「今の自分」に似合う服

「おしゃれの悩み」はなぜ起こる?コーディネートがしっくりこない、着こなしに関する「もやもや」をスタイリスト歴20年の著者が、ていねいに解きほぐします。「自分でできるワードローブチェック」詳細解説付き。

出典:Amazonの「今の自分に似合う服」詳細ページ

「服はあるのに着る服がない」「服には気を遣っているけれど、何だか野暮ったくなってしまう」。そんな悩みを私自身が持っています。こちらの本はコーディネート例だけでなく、自分の好きなファッションを改めて考えるきっかけになりました。定番アイテムとの付き合い方やサポートアイテムに関する内容も参考になります。

本に書いてある言葉をすべて受け入れる必要はありませんが、メモしたくなる言葉や考え方を見つけることができました。色の使い方やきれいに着くずすポイントなど実用的なアドバイスも多いです。ワードローブチェックはナチュラル系や上品な着こなしが中心ですが、洋服選びの参考になります。

おしゃれのイメージレッスンと配色の本

おしゃれには法則があるのを知っていますか?イメージには根拠があるのを知っていますか?色選びの法則、組み合わせの法則、スイート度数、インパクト度数のイメージマップを用いながら、あなたの毎日のおしゃれをサポートする一冊です。

出典:Amazonの「おしゃれのイメージレッスンと配色の本」詳細ページ

コーディネートを考える上では欠かせない、色選び。何となく感覚で相性が良い色を理解していることが多いですが、なぜその色と色が合わせやすいのかより深く理解できるようになる本です。

ファッションは自由なのでこの色とこの色を合わせないと駄目!ということは全くありませんが、色の関係を知っておくとコーディネートがより楽しくなります。

“自分史上最高”の私になる「おしゃれの法則」

装いとは、「内面を表現する」もの。自分を表現できる服を着れば、自信がつく。自信がつけば、出会いやチャンスが広がる。プロが教える、今すぐできる“スタイリングマジック”!

出典:Amazonの「“自分史上最高”の私になる おしゃれの法則」詳細ページ

着こなし術やコーディネート例がたくさんのっている本ではなく、ファッションやおしゃれに対する考え方が参考になる本です。タイトルと内容のギャップを感じる場合もありますが、身体のラインをキレイに見せてくれる着こなし方やコラムも読み応えがあります。

【雑誌】LaLaBegin (ララビギン)

素敵なファッションアイテムや生活雑貨を紹介している雑誌、LaLaBegin (ララビギン) 。毎月販売している雑誌ではありませんが、コーディネートに取り入れやすいベーシックなアイテムが数多く掲載されています。時計やアウター、スニーカーなどファッションアイテム別の特集記事も充実しており、アイテム選びの参考におすすめです。

【雑誌】VOGUE JAPAN

美しいファッションフォトや海外セレブのインタビュー記事を読むことができる、VOGUE JAPAN (ヴォーグジャパン)。ハイクオリティのファッション雑誌が読み放題の対象となっており、電子版でチェックできるのが嬉しいです(雑誌はちょっと重いので…)。バックナンバーも充実しているので、インタビュー記事をじっくり読むのもおすすめ。

スポンサード リンク
  • タグ

PICK UP記事と広告

スポンサード リンク

PAGE TOP